ホーム | 日系社会ニュース | 大阪=本格ブラジル産珈琲豆で勝負=自家焙煎店ドッセグラオン

大阪=本格ブラジル産珈琲豆で勝負=自家焙煎店ドッセグラオン

香りが違うブラジル豆を淹れる様子

 聖市で「ジョイア・ロレーナ石井宝石店」を経営していた戦後移民・石井賢治社長の次男フェルナンドさんが、大阪・京橋にスペシャリティコーヒー専門の自家焙煎店「Doce Grão(ドッセグラオン)」(大阪府大阪市城東区新喜多1丁目4―18―103)を開いた。

 その生産地域だけの風味特性を持つコーヒー「スペシャリティコーヒー」の生豆が持つ、豆本来の「甘さ」を大事にするとの想いから、ポ語で「甘い豆」という店名をつけた。

 約1年前に開店。専売する豆の販売や、淹れたてのスペシャリティコーヒーを持ち帰りで提供する。こだわりは、ブレンドしないブラジル産の珈琲豆。父・賢治さんは「お陰様でとても美味しいと評判。ブラジルのコクがある珈琲豆は、香りが格別。珈琲通の方に喜ばれる」と少し照れながら語る。

 賢治さんによれば、息子は5年程前からコーヒーに興味を持ち、ミナス・ジェライス州やパラナ州の農場を訪ねてコーヒー研修を受けた。

 今から2年前に日本で暮らし始めたフェルナンドさん。自分の友人や父の知人を頼り、時間をかけて大阪に店を構えた。

 店内は、ブラジルの人形の置物「ナモラデイラ(恋人の帰りを待つ娘)」をシンボルとした内装で、ボサノヴァ等の伯国音楽も流れている。

 賢治さんは「周りの人たちに助けてもらいながら店をオープンした。大阪に行く際は、ブラジルの美味しい珈琲をぜひ味わって」と語っている。

 問い合わせは同店サイト(https://docegrao.shop/)またはメール(coffee@docegrao.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東京カフェショー、3日から=伯国大使館が300万円援助2019年6月25日 東京カフェショー、3日から=伯国大使館が300万円援助  カフェレスジャパン実行委員会主催の「東京カフェショー―7回カフェ・喫茶ショー」が7月3日(水)~5日(金)まで、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1)で開催される。入場料3千円。時間は午前10時~午後6時、5日のみ午後5時まで。  ブラジル・パビリ […]
  • ■ひとマチ点描■ブラジルコーヒーで真剣勝負2019年6月14日 ■ひとマチ点描■ブラジルコーヒーで真剣勝負  「ご来場のお客様から、うちの店のコーヒーに『おいしい!』とお褒めの言葉をたくさんいただき、午前11時のスタートから6時間、ドリップコーヒーを休まずに淹れ続けられた喜びは大きかったです」  そんなメールを送ってきたのは、大阪・京橋でスペシャリティコーヒー専門の自家焙煎 […]
  • NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」2019年6月15日 NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」  「“移民の父”水野龍が同じ土佐の出身だという事で、ブラジルにとても縁を感じています。ぜひ見に来てください」――13日に来伯したばかりのNHK紅白歌手、三山ひろし(38、高知県)がそう語ると、伯人記者団は嬉しそうに笑顔をうかべた。日本移民111周年を記念して、明日16日 […]
  • 盗まれた胸像を再落成=平野運平没後百周年で=植民地からバス1台で出聖2019年6月4日 盗まれた胸像を再落成=平野運平没後百周年で=植民地からバス1台で出聖  平野農村文化体育協会(山下薫ファビオ会長)とブラジル静岡県人会(原永門会長)は2日、平野運平広場に新しく設置された同氏胸像の除幕式及び落成記念式典を挙行した。式典には平野植民地周辺の在住者もバスを借り切って駆けつけ、同地出身者、平野氏の故郷静岡県の県人会会員、野口泰在 […]
  • 文協選挙=「文協の本当の役割を果たす」=石川レナト氏、会長に就任=全伯団体との緊密化目指す2019年4月30日 文協選挙=「文協の本当の役割を果たす」=石川レナト氏、会長に就任=全伯団体との緊密化目指す  ブラジル日本文化福祉協会が27日午前に『第156回文協定期評議員会』を文協ビル1階で行い65人(委任状17人)が出席し、サンタクルス病院理事長の石川レナト氏(80、二世)が正式に新会長に就任した。任期は2年。石川新会長は「全伯の日系社会と協調」をテーマに地方文協との交 […]