ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボルソナロが連警人事介入疑惑で対面供述=元法相と最高裁指名で裏取引=政党入りの直前のモロの足引っ張る?

《ブラジル》ボルソナロが連警人事介入疑惑で対面供述=元法相と最高裁指名で裏取引=政党入りの直前のモロの足引っ張る?

4日のボルソナロ氏(Youtube)

 ボルソナロ大統領は3日、同大統領が2020年4月に行ったと疑われている連邦警察の人事への介入疑惑について、連邦警察からの事情聴取を受けた。大統領は自身の潔白を主張し、訴えを起こしたセルジオ・モロ(当時)法相が「最高裁の座を欲しがっていた」などの供述を行った。4、5日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ