ホーム | 日系社会ニュース | 援協講演会=「新時代の幕開け準備を」=歴史家レアンドロ・カルナル氏

援協講演会=「新時代の幕開け準備を」=歴史家レアンドロ・カルナル氏

告知バナー

告知バナー

 サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は11日(木)20時から同協会ユーチューブで、TV司会者や講演者として活躍する有名歴史家のレアンドロ・カルナル氏を招き、『新しい時代の幕開け準備できていますか』をテーマにオンライン講演会を配信する。
 同講演会は先月27日(水)の19時から配信された詩人ベサ・ブラウリオ氏の講演に続く、「コロナ感染防止キャンペーン」オンライン講演会第2弾だ。
 同講演会ではコロナ禍で一変した仕事、勉強、人間関係のあり方、危機管理など、生活で起きた種々の変化について取り上げて行く。
 カルナル氏は2020年からCNNブラジル内の番組「CNN Tonight」の司会者の1人として出演。2019年までカンピーナス州立大学で教授として教鞭を執っていた。また、同氏はアメリカ史や宗教の歴史に関する書籍の出版や、全国で講演会を行う等多岐に亘る活躍をしている。
 この動画配信は日本国外務省が実施する在留邦人や日系人コミュニティにおける環境防止やビジネス環境作りを目的とした事業「海外在留邦人・日系人の生活・ビジネス基盤強化事業」に申請した企画のひとつ。著名人を招いてオンライン講演会を行うというもの。
 配信は援協・日伯友好病院のユーチューブチャンネル内に開設されたライブ配信枠(同時通訳付き=https://www.youtube.com/watch?v=__AzRdOoA6g、ポ語=https://www.youtube.com/watch?v=qZ66hqFLc2E)で視聴可能。

image_print

こちらの記事もどうぞ