ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》秘密予算限度額を両院承認=年に162億レアルも

《ブラジル》秘密予算限度額を両院承認=年に162億レアルも

 11月29日、連邦議会で「秘密予算」と呼ばれる、予算案審議の際の報告官の裁量で支出できる予算の1年間の支出限度額を定めるための法案が下院、上院で共に承認されたが、限度額が年162億レアルと高額なことが問題視されている。11月29、30日付現地紙、サイトが報じている。
 秘密予算は、各議員が提出したプロジェクトに応じ、報告官が支出額を決めることができるため、大事な法案を審議する直前に議員たちが出したプロジェクトへの予算支出を認めるという形での票集めが行われてきた。
 だが、この支出額が高額で、「公然と認められた賄賂」とメディアや大衆から強い批判が生じていた。

 2021年は、96億レアルと73億レアルの、計169億レアルが払われていた。とりわけ、プレカトリオ(裁判所が命じた賠償金など)の支払いに関する憲法補足法案(PEC)が審議される直前に払われたものに関しては、最高裁が差し止め命令を出した。
 そこで、最高裁からの差し止め命令を覆すために透明性を高めようとして、限度額を求める法案が浮上した。だが、その限度額は年162億レアルと非常に緩いものとなった。
 野党側は、この法案ではまだ、透明性にかけると主張したが、11月29日に行われた下院の審議では、賛成268、反対31の投票結果で通過。上院は接戦となったが、最終的に、賛成34、反対32で通過した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2013年1月12日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年1月12日付け  クロマグロ1本が1億5549万円。超が付く高値である。下北半島の大間産であり222キロ。東京の築地卸売市場での「初競り」でのことだが、計算が好きな御仁が算盤を弾いたところ1キロが70万円とかだそうな。あの横綱の白鵬なら恐らく3キロくらい […]
  • 2009年6月27日 お世話になったセンセイたちへ=州議会で感謝の表彰式=子弟教育への貢献称え ニッケイ新聞 2009年6月27日付け  ブラジル日本移民の歴史に教育面から貢献した教師たちへの表彰式が、五日午後七時からサンパウロ州議会で行なわれた。文化教育連帯協会(ISEC=吉岡黎明会長)、SBPN(ブラジル日系研究者協会=仁井山進会長)が主催したもの。約百五十人が […]
  • 援協特典を広げる=70歳以上新会員に新措置2007年1月17日 援協特典を広げる=70歳以上新会員に新措置 2007年1月17日付け […]
  • 三重県ビジネスセミナー=約20社が参加、交流会も2013年8月31日 三重県ビジネスセミナー=約20社が参加、交流会も ニッケイ新聞 2013年8月15日  三重県から鈴木英敬知事はじめ行政、経済、民間訪問団からなる「オール三重」の訪問団が16〜21日に来伯する。同期間中には各種イベントが予定されているが、その一つとして、サンパウロ市インターコンチネンタルホテルで20日午後1時半から、「ビジネス […]
  • 《ブラジル》コロナ禍で広がる教育格差=870万人が遠隔授業不可2020年9月2日 《ブラジル》コロナ禍で広がる教育格差=870万人が遠隔授業不可  新型コロナウイルスの感染拡大で、大半の学校では対面授業を中止した。多くの学校は遠隔授業を行っているが、その開始に手間取った自治体や学校が多い上、授業への参加率は地域や所得による格差が大きい。  ブラジル地理統計院(IBGE)がコロナ禍の影響を調査するために行っている […]