ホーム | Free | 特集=5大相撲大会を同時開催=ベネズエラ勢が大躍進!=コロナ禍避け観客ゼロで実施=約2百人が熱戦繰り広げ

特集=5大相撲大会を同時開催=ベネズエラ勢が大躍進!=コロナ禍避け観客ゼロで実施=約2百人が熱戦繰り広げ

第59回全伯相撲大会で優勝したサンパウロ南西チーム

 第59回全伯相撲大会、第23回全伯女子相撲大会、第25回南米相撲大会、第13回南米女子相撲大会が11月27日午前9時、サンパウロ市ボンヘチーロ区の市営常設土俵で行われた。ベネズエラ、アルゼンチンからも選手が参加し、約2百人で熱戦を繰り広げた。

 大会にはサンパウロ南西地区から約100人、リオデジャネイロから12人、アルゼンチンから4人、ベネズエラから12人の計約2百人が参加。コロナ禍を避けるため一般観客の入場を禁じ、観客ゼロで開催。サンパウロ市の条例により出入り口の戸を閉め、正午には体感温度30度を超える中で競技が行われた。
 開会式では、今年6月21日にコロナで亡くなったブラジル相撲連盟名誉会長の下本八郎氏への黙とうが捧げられた。土俵祭りは省略され、サンパウロ州相撲連盟の堤正昭会長によって土俵の四隅に塩が置かれ、日本酒が撒かれた。
 開会挨拶に立ったブラジル相撲連盟の土屋守雄オスカル会長は「去年はコロナ禍で大会が開催できなかったが、今年は連盟役員を始めとする皆さんの協力のお陰で開催することができた」と感謝を述べ、去年パラグアイで開催予定だった南米相撲大会が中止となり、今大会にもパラグアイ勢の参加が叶わなかったことを惜しんだ。
 ブラジル日本文化福祉協会の石川レナト会長が、高さ1mの優勝杯2杯を寄贈する発表し、会場から割れるような拍手が贈られた。優勝杯は個人優勝者に授与され、来年の大会で披露される。

 合同大会の初戦は、2022年7月7日から17日までアメリカのアラバマ州バーミングハム市で開かれる相撲大会「第11回ワールドゲームズ」の南米代表選考試合が行われた。選考試合の結果、ベネズエラ勢が代表12人の内7人を占める大躍進をみせた。
 ベネズエラ政府は、今大会の2カ月前から全伯相撲大会優勝者のルイ・アパレシード・デ・サー・ジュニオール選手を招聘し、同国選手の強化練習を実施した。その成果が見事に表れた形だ。
 ベネズエラ選手団は、男子個人でも軽量級、中量級、重量級で優勝。女子個人も同様に軽量級、準重量級、重量級で優勝をさらった。


大会結果

59o CAMPEONATO BRASILEIRO DE SUMÔ(第59回ブラジル相撲大会)

Categoria Infantil(少年級)
1O – Paulo Cesar Freitas de Oliveira Junior Sudoeste
2O – Gabriel Machado de Pontes Sudoeste
3O – Gabriel Rosa Sudoeste
3O – André Gabriel de Souza Sudoeste

Categoria Leve – até 85 Kg(軽量級)
1O – Genilton Tiburcio Sudoeste
2O – Alex Tetsushi Nakaya Sudoeste
3O – Diordan Santos Sudoeste
3O – Cristiano Silva Mori Sudoeste

Categoria Médio – de 85 a 100 Kg(中量級)
1O – João Vitor Dantas Sudoeste
2O – Elivelton Medeiros Vanderley SP
3O – Danilo Chiba Toledo Sudoeste
3O – William Takahiro Higuchi SP

Categoria Meio Pesado – de 100 a 115 Kg(準重量級)
1O – Frank Maciel Marques Sudoeste
2O – Rafael Shoiti Togashi RJ
3O – Diogo Uehara ABC
3O – Marcelo Augusto dos Santos Lustoza Sudoeste

Categoria Pesado – acima de 115 Kg(重量級)
1O – Rui Aparecido de Sá Junior SP
2O – Pedro Henrique Villalba Norte
3O – Alysson Gabriel Raphael Salles Norte
3O – Wellington Pereira Bezerra SP

Categoria Absoluto(無差別級)
1O – Rui Aparecido de Sá Junior SP
2O – Felipe Ishimaru Martin Sudoeste
3O – Frank Maciel Marques Sudoeste
3O – João Vitor Dantas Sudoeste

Torneio por equipes(団体戦)
1O – Sudoeste
2o – São Paulo
3O – ABC+Nova Central
3O – Rio de Janeiro

23o CAMPEONATO BRASILEIRO DE SUMÔ FEMININO(第23回ブラジル女子相撲大会)

Categoria Infantil(少年級)
1O – Rebeka Yumi Sakashita Domingos Sudoeste
2O – Ingrid Almeida Alves Sousa Sudoeste

Categoria Juvenil(青年級)
1O – Evelyn Oliveira Araújo Sudoeste
2O – Diana Dall´Olio Rodrigues Lourenço Sudoeste
3O – Verônica das Dores Bicudo da Silva Sudoeste

Categoria Leve – até 65 Kg(軽量級)
1O – Luciana Watanabe Higuchi Nova Central
2O – Ana Paula Rodrigues dos Santos Oliveira Sudoeste
3O – Cristiane Yurika Sakashita Apolinario Sudoeste
3O – Jessica Roberta Teles Palonga Sudoeste

Categoria Médio – de 65 a 73 Kg(中流級)
1O – Valeria Dall Olio Sudoeste
2O – Jessica Cristina dos Santos Blum Sudoeste

Categoria Meio Pesado – de 73 a 80 Kg(準重量級)
1O – Larissa Maciel Marques Sudoeste
2O – Flavia Aparecida de C. Paiva Sudoeste

Categoria Pesado – acima de 80 Kg(重量級)
1O – Fernanda Rojas Pelegrini SP
2O – Sarah Luiza Gomes da Silva Nova Central
3O – Sanusa Erica Chagas Nova Central
3O – Silvana Oliveira Alves dos Santos Sudoeste

Categoria Absoluto(無差別級)
1O – Fernanda Rojas Pelegrini SP
2O – Sanusa Erica Chagas Nova Central
3O – Sarah Luiza Gomes da Silva Nova Central
3O – Luciana Watanabe Higuchi Nova Central

Torneio por equipes(団体戦)
1O – Nova Central
2O – Sudoeste A
3O – Sudoeste B

25o CAMPEONATO SUL-AMERICANO DE SUMÔ(第25回南米相撲大会)

Categoria Leve – até 85 Kg(軽量級)
1O – Yorgen Jose Cova Pulido Venezuela
2O – Genilton Tiburcio Brasil
3O – Sebastian Montes Argentina
3O – Joseph Evelio Aguilar Ascanio Venezuela
5o – Alex Tetsushi Nakaya Brasil

Categoria Médio – de 85 a 100 Kg(中量級)
1o – Walter Alexis Rivas Uzuriaga Venezuela
2o – João Vitor Dantas Brasil
3o – Gonzalo Bitz Argentina

Categoria Meio Pesado – de 100 a 115 Kg(準重量級)
1o – Querys Jose Perez Mora Venezuela
2o – Diogo Uehara Brasil
3o – Rafael Shoiti Togashi Brasil
3o – Guilherme Fukushima Brasil

Pesado – acima de 115 Kg(重量級)
1o – Rui Aparecido de Sá Junior Brasil
2o – Moises Salvador Perez Hellburg Venezuela
3x – Pedro Henrique Villalba Brasil
3o – Wellington Pereira Bezerra Brasil

13o CAMPEONATO SUL-AMERICANO DE SUMÔ FEMININO(第13回南米女子相撲大会)

Categoria Leve – até 65 Kg(軽量級)
1o – Euscaris Maria Pereira Perez Venezuela
2o – Moira Santillan Argentina
3o – Ana Paula Rodrigues dos Santos Oliveira Brasil

Categoria Médio – de 65 a 73 Kg(中量級)
1o – Valeria Dall Olio Brasil
2o – Jessica Cristina dos Santos Blum Brasil

Categoria Meio Pesado – de 73 a 80 Kg(準重量級)
1o – Johana Carid Garrido Bolivar Venezuela
2o – Larissa Maciel Marques Brasil
3o – Flavia Aparecida de C. Paiva Brasil

Categoria Pesado – acima de 80 Kg(重量級)
1o – Esmeralda Andreina Cedeño Landaeta Venezuela
2o – Sarah Luiza Gomes da Silva Brasil
3o – Nadia Ruiz Argentina
3o – Fernanda Rojas Pelegrini Brasil

SELETIVA PARA THE WORLD GAMES 2022(ワールドゲームズ南米代表選手選考)

Feminino Leve – até 65 Kg(女子軽量級)
Luciana Watanabe Higuchi Brasil
Euscaris Maria Pereira Perez Venezuela

Feminino Médio – de 65 a 80 Kg(女子中量級)
Johana Carid Garrido Bolivar Venezuela
Larissa Maciel Marques Brasil

Feminino Pesado – acima de 80 Kg(女子重量級)
Fernanda Rojas Pelegrini Brasil
Esmeralda Andreina Cedeño Landaeta Venezuela

Masculino Leve – até 85 Kg(男子軽量級)
Yorgen Jose Cova Pulido Venezuela
Alex Tetsushi Nakaya Brasil

Masculino Médio – de 85 a 115 Kg(男子中量級)
Querys Jose Perez Mora Venezuela
Walter Alexis Rivas Uzuriaga Venezuela

Masculino Pesado – acima de 115 Kg(男子重量級)
Moises Salvador Perez Hellburg Venezuela
Alysson Gabriel Raphael Salles Brasil

-Fedearação sumo 4×4
-Yutaka Toyota 4×4
-Kenji Kiyohara 4×4
-Granja Ino 146×72
-Tadaaki Kimoto 72×35
-Sitio Sakashita 72×35
-Tsutsumi Masaaki 72×35
-Masatoshi Akagi 72×72

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2007年1月5日 「百周年に一致団結を」=文協で新年祝賀会=レジストロ 2007年1月5日付け  新年を迎えレジストロ日伯文化協会では、同会館において二〇〇七年(平成十九年)元旦午前九時三十分より、約七十人の出席の下に盛大に新年祝賀会が催された。 […]
  • 新生吟社月報六○○号に寄せて=サンパウロ州アルミニオ在住 青井万賀2018年3月7日 新生吟社月報六○○号に寄せて=サンパウロ州アルミニオ在住 青井万賀  ブラジル日系社会における文芸活動は、日本移民の歴史と共にあり、今年で一一〇年の歳月を重ねる。中でも俳句はその先がけとなるが、同じ短詩型文芸でも川柳は愛好者が少ないゆえもあって、嚆矢となる作品の記録は、俳句のように正式には残されていない。  邦字紙の片隅の文芸欄に記載 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(68)2013年12月21日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(68) ニッケイ新聞 2013年12月21日  遊佐氏が手塩に掛けて作った日本庭園が大分傷められてしまった。  中嶋和尚が両脇のローソクを灯し、 「二〇〇七年五月十八日、第三トメアス日本人会と西谷輝久、アナジャス軍曹の喪主の方達にて、先没者の慰霊祭を」 […]
  • ■訃報■本紙さいたま支局長 蓑輪 政一2014年7月11日 ■訃報■本紙さいたま支局長 蓑輪 政一  ニッケイ新聞のさいたま支局長だった箕輪政一さんが、前立腺ガンにより5月7日午後7時ごろ、埼玉県浦和市の社会保険病院で亡くなった。享年83。 新潟県上越市出身。リオのイシブラスに出向していた経験があり、その縁で、元日毎紙記者の野呂義道さんから日毎紙東京支局を引きついた。19 […]
  • 《ブラジル》順調に伸びるオーガニック市場=18年の売上は40億レアルに2019年4月5日 《ブラジル》順調に伸びるオーガニック市場=18年の売上は40億レアルに  健康志向の高まりにつれ、有機栽培の野菜や果物の販売が順調な成長を遂げている。  有機栽培を行っている農家や有機栽培の食品を加工する企業など、約60社からなる、有機的かつ持続可能な生産のための全国協議会によると、2018年のオーガニック産品の売上は、前年を20%上回る […]