ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》来年に新たな博物館開館=ファヴェーラや先住民など

《サンパウロ州》来年に新たな博物館開館=ファヴェーラや先住民など

 サンパウロ州は6日、「性の多様性」の博物館の拡張と、ファヴェーラと先住民に関する新たな博物館2館の設立を発表した。6日付現地サイトが報じている。
 これは6日午前、ジョアン・ドリア知事も同席した州政府の記者会見で明らかにされたものだ。
 それによると、サンパウロ州政府は、サンパウロ市中央部レプブリカにある「性の多様性博物館」を来年早々に改築し、100平米の展示室を540平米に拡張。来年6月に再オープンする予定だという。
 「単に拡大するだけでなく、運営方針やプログラムにも手を加え、LGBTQのコミュニティ全体が満足できるものにするつもりだ」と、セルジオ・サー・レイトン文化局長は語っている。

 「性の多様性博物館」は2012年に現在の場所に建てられた。ジェラウド・アウキミン知事時代の2014年にパウリスタ大通りへの移転を宣言されたが、昨年8月、その場所に料理博物館が作られたことでサンパウロ市内のLGBTQ関係者から強い批判が上がっていた。
 二つの新しい博物館のうち、ファヴェーラに関する展示やライブラリー、起業家精神センターなどを備えた博物館は、サンパウロ市中央部のカンポス・エリーゼオスに8208平米を確保し、1500万レアルをかけて造られる。開館は2022年6月の予定だ。
 先住民文化博物館はサンパウロ市西部のアグア・ダ・ブランカ公園の隣にできる予定のベイビー・バリオネ総合施設内に造られる見込みだ。総工費は1400万レアルで、2022年3月に開館予定だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「小売業界のリーダーに」=ウォルマート新社長が意欲=25店舗閉鎖も長期戦略2013年11月7日 「小売業界のリーダーに」=ウォルマート新社長が意欲=25店舗閉鎖も長期戦略 ニッケイ新聞 2013年11月7日  米国に本部を置く世界最大手のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」は、ブラジルと中国の店舗を今年中にそれぞれ最大25店舗まで閉鎖すると、先月発表したばかりだ。ところが現地法人ウォルマート・ブラジルのギリェルメ・ロウレイロ新社長は、5日行 […]
  • 東西南北2017年8月5日 東西南北  この数週間、ずっと噂の続いていたネイマールの史上最高額でのPSG移籍が3日に正式に実現した。すでに世界的な話題だが、大喜びしたパリジャン、パリジェンヌたちは早速PSGの公式ショップ前で長蛇の列を作り、ネイマールの名前が入った背番号10の新しいユニフォームを求めて並んでいるとか […]
  • ■ひとマチ点描■ゲートボールの里カウカイア2015年7月14日 ■ひとマチ点描■ゲートボールの里カウカイア  聖南西地区のカウカイア・ド・アウト文化体育協会の鶴田政春会長(68、二世)に全伯ゲートボール大会の結果を聞くと「今年はちょっと…」と口を濁すので、よほど良くない結果かと想像したら「全伯2位でした」と続いた。昨年9月に日本で開催された世界選手権大会では10位以内 […]
  • 戦場と化した国会前広場=MST、警官隊と衝突=抗議は正当なものと大統領2005年5月19日 戦場と化した国会前広場=MST、警官隊と衝突=抗議は正当なものと大統領 5月19日(木) […]
  • 熊本高齢者旅行=アチバイアで秋満喫2006年5月30日 熊本高齢者旅行=アチバイアで秋満喫 2006年5月30日(火) […]