fbpx
ホーム | 連載 | 2015年 | ガウショ物語=作者の紹介と本作の特徴=中田みちよ

ガウショ物語=作者の紹介と本作の特徴=中田みちよ

ガウショ物語=(11)=底なし沼のバラ=<3>=襲いかかる大男から逃げる娘

伝統的な衣装を着たガウーシャ

 ちょうど、こうした出来事が起こっているころにアンドレ軍曹がやって来て、間もなく結婚の噂が広まったというわけだ。 シッコンは口から泡を噴くほど憤慨した……馬に八つ当たりし、犬どもには鞭が飛び、弟たちは平手打ちを喰らい、母親にまで乱暴な口を利いた。 父親のシッコ爺さんにだけは遠慮があった。なぜなら、穏やかな見かけによらず、いざとい ...

続きを読む »

ガウショ物語=作者の紹介と本作の特徴=中田みちよ=(下)=ブラジル版『遠野物語』

牛肉を干してカルネ・デ・ソールを作っているところ(Foto=Aline Cruz, site de UFMG)

 地元に経済的な活況をもたらした牧畜。そこから派生する皮革の輸出。そして食肉。シャルケとよばれる干し塩肉の産地です。冷凍技術のない当時は、全国的にこのシャルケが流通していました。歴史的には18世紀のセアラー州が端緒になっていますが、その後に南リオ・グランデ州の方に南下、普及していきます。もっとも、80年代になってから、カルネ・デ ...

続きを読む »

ガウショ物語=作者の紹介と本作の特徴=中田みちよ=(上)=ガウショ物語の解説にかえて

 翻訳サークル「アイリス」が手がけた「ガウショ物語」です。短編は訳し易いはずなのですが、話は南リオ・グランデ州の民話ですから、方言の多いこと、多いこと。ひどいときには一行全部が未知の語彙。「コウサンだ」と投げ出したくなるときもあり、怠ける私にサークル仲間は一途にノルマをこなして、ようやく完了にこぎつけることができました。 この「 ...

続きを読む »