ホーム | 大豆 関連記事

大豆 関連記事

《ブラジル》サントス港=1~10月の荷物取扱量が増加=最大貨物の大豆は20%増える

サントス港(Divulgacao/Portal Governo Brasil)

サントス港(Divulgacao/Portal Governo Brasil)  サンパウロ州ドック会社(Codesp)が6日、1~10月のサントス港の荷物取扱量は1億1060万トンで、昨年同期比で1・5%増えたと発表した。  船の接岸回数は4026回で、昨年同期比0・4%減となった。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必 ...

続きを読む »

米中貿易戦争が一時休戦で、ブラジル株も若干上昇=ブラジル産大豆へ早急の影響はなし?

ブラジル産大豆の中国市場シェアには早急の影響はないと見られる(参考画像・Ivan Bueno/AG.PArana)

ブラジル産大豆の中国市場シェアには早急の影響はないと見られる(参考画像・Ivan Bueno/AG.PArana)  アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで1日に会談したトランプ米大統領と中国の習近平国家主席が、90日間の貿易戦争休止で合意した事で、週明けの世界の株式市場は上昇した。サンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)も一 ...

続きを読む »

安倍総理=パラグァイを公式初訪問=「1万日系人の現地貢献は誇り」=超新鋭浚渫船建造資金を援助

外交関係樹立100周年記念ロゴを発表する両首脳(首相官邸HP)

 【パラグァイ発=坂本邦雄さん特別寄稿】11月30日(金)から12月1日(土)にかけて、亜国ブエノスアイレス市で開催されたG20サミット(首脳会議)に参加した安部晋三首相は、翌日曜日(2日)夕刻に帰国の途上、先にウルグァイに立ち寄った後、パラグァイに短時間ながら公式訪問した。  これまでに、1978年に当時は未だ皇太子同妃両殿下 ...

続きを読む »

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(7)

 正輝は食べ物についても不平はなかった。献立は日本的で、毎日、3度の食事が支給された。朝食は7時、シソの葉の香がする梅干、たくわん、味噌汁、かぶの酢漬け、乾し魚、大豆の煮物、野菜類。昼食は12時、たくわん、にら、肉と野菜(大根、じゃが芋、玉ねぎ、キャベツ)の煮物、たまに乾燥れん根が出たりした。夕食は4時に出され、朝食、夕食より栄 ...

続きを読む »

《ブラジル》10月度統計=5万7733人の正規雇用創出=商業、サービスが牽引=時短契約者への経済効果に疑問

改正労働法で制定された時短契約労働者も、正規雇用者として数えられてしまう(参考画像・Camila Domingues/Palacio Piratini)

改正労働法で制定された時短契約労働者も、正規雇用者として数えられてしまう(参考画像・Camila Domingues/Palacio Piratini)  ブラジル労働省は21日、10月度の全就労・失業者台帳(Caged)のデータを発表。それによると、10月は正規雇用が5万7733人分増えたと、22日付現地各紙が報じている。   ...

続きを読む »

《ブラジル》2019年穀物収量=今年より若干減の2億2670万トンの予測

広大な国土のブラジルの穀物収穫量は年間2億トン以上になる(参考画像・Agencia Brasil)

広大な国土のブラジルの穀物収穫量は年間2億トン以上になる(参考画像・Agencia Brasil)  ブラジル地理統計院(IBGE)は8日、2019年の穀物収穫量に関する予想を発表した。  それによると、2019年の穀物収穫量は2億2670万トンで、2億2720万トンと予測されている今年の収穫量より0・2%減少すると予測されてい ...

続きを読む »

中国紙=「米国のようになるな」=ブラジル新大統領ボウソナロ氏をけん制

テメル大統領(左)と、中国の習近平総書記(Cesar Itibere/PR)

テメル大統領(左)と、中国の習近平総書記(Cesar Itibere/PR)  ジャイール・ボウソナロ次期ブラジル大統領(自由社会党・PSL)に対し、中国が、米国のトランプ大統領のように保護貿易主義をとり、中国との合意を破棄すれば、ブラジル経済は痛手を被ることになると牽制したと、1日付ブラジル紙が報じた。  このメッセージを掲載 ...

続きを読む »

「仕事も恋も猪突猛進」=手作り納豆をドイツで=伯国にルーツ、柴ありささん

柴さん(左)と夫のレネさん(本人提供)

 【東京発=山縣陸人記者】ドイツ・フランクフルトで若い日系女性起業家が奮闘している。柴ありささん(25、三世)は今年6月、ドイツ人の夫とともに納豆を製造・販売する会社「Natto24」を立ち上げた。味にこだわった手作り納豆は、現地の日本人や健康に関心の高いドイツ人を中心に人気を集めている。将来、自身のルーツであるブラジルで、大豆 ...

続きを読む »

《ブラジル》今年8月から来年7月までの穀物収穫予想発表=史上最高だった2年前に迫る勢い

広大な国土を誇るブラジルは、大豆やとうもろこしを中心に大規模農業が行われている(参考画像・Jonas Oliveira/ANPr)

広大な国土を誇るブラジルは、大豆やとうもろこしを中心に大規模農業が行われている(参考画像・Jonas Oliveira/ANPr)  ブラジル国家配給公社(Conab)は11日、2018/19農年(18年8月から、19年7月末まで)の穀物総収穫高は、2億3360万トンから2億3850万トンの間になるだろうとの予測を発表した。   ...

続きを読む »

勝ち負け巡るそれぞれの思い=二分したアサイ移住地=(1)=戦後25年「日本は勝った」

戦後、日本に帰国する人の送別会の様子。釣り上げた巨大魚で門出を祝った。魚の後ろに立つ面長の男性とその家族が帰国した

 4大移住地のひとつに数えられ、戦後はコーヒーと綿花の栽培で栄えた北パラナのアサイ移住地。他の日系移住地と同様に終戦直後は、ほとんどの人が日本の戦勝を信じていたという。50年代なっても、戦勝を信じる「勝ち組」と敗戦を認識していた「負け組」が別々に団体を作るなど、双方の溝が深まっていった。当時を知る人々にそのときの出来事や、勝ち負 ...

続きを読む »