ホーム | コラム | 樹海 | 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう

食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう

 11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中という女性経営者が、日光に当たる時間が短いために深刻なビタミンD欠乏症に陥った例を聞いた後だったからだ▼女性経営者の職場は重たい荷物を抱えての階段の昇降なども必要で、疲労感や体中の痛み、筋肉の麻痺などの症状を抱えて総合内科を受診。日照不足でビタミンDが足りず、骨の石灰化が阻害された上、血中のカルシウム濃度維持のために骨中のカルシウムが溶け出して骨軟化症を起こし、骨の痛み、筋力低下などの症状が出ていると判断した医師が、ビタミンDを処方すると共に生活習慣の改善を勧めたら、症状はなくなり、職場での問題も軽減したという▼これと並行するように、ポルトガル語の新聞で、筋肉量低下を防ぐために蛋白質をという記事も読んだ。中学の頃、血や筋肉をつくる食品欄に魚肉類や卵などの絵が描かれた図をよく見たが、肉などが苦手な人には大豆なども蛋白源になる。筋肉量は加齢と共に低下する上、高齢者は失った筋力を取り戻すのが難しい。病気やケガ、長期休暇で体を動かさないと、失った体力を取り戻すのには止まっていた期間の3倍以上の時間を要す。高齢者はカーペットの厚みでも転倒、骨折を起こし、寝たきりや引きこもりになる事がある。常日頃から蛋白質やビタミンDなどの摂取に努め、少し負荷をかけた運動で筋力を保つなどの工夫が必要だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]
  • 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力2020年6月11日 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力  コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が始まって以来、コンピューター(CPU)やソフトが違うと作業手順などが全然違うと実感している。  ソフトの差による手順増は会社でもあったが、在宅だと各自のCPUで作業するため、手順の差が大きくなる。自分のCPU(ノートブック)で作っ […]
  • 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!2020年6月9日 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!  高齢者がブラジル生活を送るにおいて、これから2、3カ月が一番危険な時期ではないか―という気がする。  今までは序の口で、これから「コロナ死者激増」と「大不況」というダブルパンチに見舞われる。今後起こりうるシナリオを列挙すると、以下のようになる。 ▼「4月、5月のコ […]
  • 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか2020年6月5日 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか  新型コロナウイルスに関して今月中に、ブラジルの感染者、死者数が共に全世界で2位になることはほぼ間違いないと思われる。感染者に関してはすでに5月の時点で2位に躍り出ているが、死者の数でも現在は世界第4位。3位のイタリアとの差も3日夜の時点で1033人差。  ここ数日で […]