ホーム | 日系社会ニュース | 西森ルイス下議が当選報告=120周年、パ州100周年に力こぶ
再選した西森下議。喜びよりも伯社会の課題を挙げる
再選した西森下議。喜びよりも伯社会の課題を挙げる

西森ルイス下議が当選報告=120周年、パ州100周年に力こぶ

 今回の統一選挙で再選を果たしたパラナ州選出の西森ルイス連邦下議(65、PR)が9日、報告のため来社した。日伯外交樹立120周年、パラナ州日本人入植100周年、兵庫とパラナの州県姉妹提携45年と節目が重なる2015年を控え、「これまで以上に日伯関係の強化に貢献したい」と強い意気込みを見せた。
 前回は約7万票だったが、今回は10万票超まで伸ばした。州内17位という結果に、「今までやってきたことを認められた証。増えた分、期待や責任も大きい」と表情を引き締めた。
 今年8月に来伯した安倍晋三首相とは、ブラジリアで面会する機会があり三点を頼んだ。日本の伝統文化や日語教育を今後も後世に継承するため、「日系社会を日本の一部と捉え予算を組んでほしい」と直訴し、「好感触を得た」と報告した。そのほか「関税撤廃や在日日系人にも気をかけて」とも伝えた。
 新任期中の取り組みとして、日伯関係強化や農業発展以外に、「全日制の教育制度」「社会平等」というブラジル社会が克服すべき課題を掲げた。来年4月後半には、パラナ日伯友好経済使節団の訪日も予定する。
 西森氏が現在所属するPR党は、連邦レベルではPT連立与党だ。でも西森氏は、長年所属したPSDBからPRに送り込まれ、同党をパラナ州ではPSDB連立側に引き込んだ経緯があるだけに、大統領選では「断然アエシオを応援します」と公言する。
 現在拮抗する大統領選の行方に、「こればっかりはやってみないと分からない」と前置きした上で、「PT政権はやれることをやった。そろそろ交代する時期では」との見解を示した。「いずれにせよ来年は大統領訪日が実現するはず。16年リオ五輪には、東京五輪への引継ぎに首相が来伯するため、濃い時期を迎える」と友好促進に期待した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • エウニシオ上院議長ら訪日=参議院招待で議会交流深め=両陛下に謁見、節目に返礼2018年4月18日 エウニシオ上院議長ら訪日=参議院招待で議会交流深め=両陛下に謁見、節目に返礼  エウニシオ・オリベイラ上院議長一行が14から20日にかけて、日本を公式訪問中だ。これは日本の参議院が外国議会との交流を深めることを目的とした活動の一環で、ブラジル上院議員団を招待したもの。2015年の日伯外交樹立120周年には、ブラジル上院議会からの招待を受けて輿石東 […]
  • 今年のブラジル10大ニュース=1位はJBSショック=テメルの不人気と疑惑に揺れる=メンデス判事らも話題に2017年12月27日 今年のブラジル10大ニュース=1位はJBSショック=テメルの不人気と疑惑に揺れる=メンデス判事らも話題に  2017年最後の号ということで、今日はこの2017年のブラジル国内面をにぎわせた10大事件を編集部が独自に選んだ。ジウマ大統領の罷免やリオ五輪があった16年ほどではないが、今年もブラジルでは様々なことが起きた。  まず1位は5月のJBSショックだろう。テメル政権下で […]
  • 西森ルイス下議=日系議員でLJ作戦対象いない=いまこそ真面目さで貢献=「今は変換、浄化の時」2016年3月19日 西森ルイス下議=日系議員でLJ作戦対象いない=いまこそ真面目さで貢献=「今は変換、浄化の時」  「モーロ判事から逃れて特別待遇を受けるためにルーラを官房長官にするなんて狂気の沙汰。そんなことまでするから、政治家全体への不信感が高まる」。西森ルイス連邦下議(PR=共和党、66、二世)に電話して、ラヴァ・ジャット作戦に伴うルーラ官房長官就任などの大混乱の政界に関して話を聞い […]
  • W杯とリオ五輪の間で2014年11月19日 W杯とリオ五輪の間で  「来年のエメンダ・パルラメンタール(議員割り当て金)を貰うのはすごく難しいよ」。選挙後、日系議員の補佐官らは口をそろえて言う。理由を問うと、「サンパウロ州政府は雨不足の対策工事に費用がかさんでお金がない。連邦政府はW杯の開催費用の借金払いと、リオ五輪の建設費用が膨らんだ上 […]