ホーム | ブラジル国内ニュース | 28日はブラジル全土で大規模ストへ=労働法や年金制度改革に反対し

28日はブラジル全土で大規模ストへ=労働法や年金制度改革に反対し

 テメル政権の進める、労働法と社会保障制度の改革に反対する勢力が、28日に全国規模のストを計画していると、26日付現地紙・サイトが報じた。

 ストを呼びかけているのは、中央統一労組(CUT)、ブラジル中央労働者組合(CTB)、インテルシンジカル、中央人民労組(CSP)、一般労働者組合(UGT)、フォルサ・シンジカル、ノヴァ・セントラル、ブラジル中央労組(CSB)、ブラジル中央一般労働者組合(CGTB)の9団体で、地下鉄や銀行、金属工業、化学工業、教師、郵便局などが24時間ストに入る可能性がある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 有料会員登録はお済みですか? 有料会員登録について

こちらの記事もどうぞ