ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》選挙システム改正法=零細政党や新人に不利か=下院特別委員会は通過=賛否両論で真っ二つも=国庫から巨額選挙費用拠出?

《ブラジル》選挙システム改正法=零細政党や新人に不利か=下院特別委員会は通過=賛否両論で真っ二つも=国庫から巨額選挙費用拠出?

10日の選挙法改正特別委員会(Lula Marques/AGPT)

10日の選挙法改正特別委員会(Lula Marques/AGPT)

 10日未明、下院の政治改革特別委員会が、17対15というきわどい票で、大政党に有利な選挙システム変更案(ディストリタン=大選挙区単記相対多数性)を承認したが、下院・上院全体での通過が難しいと見られている。10、11日付現地紙が報じている。

 下院の特別委員会は9日、「ディストリタン」に先立って、公的な金による選挙基金設置法案も承認しているが、これら2案はどちらも選挙関連法案で、成立には上下両院で各2回、60%以上の賛成票獲得が必要だ。また、来年の統一選に間に合わせるには9月中の議会承認が求められる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ