ホーム | 日系社会ニュース | 横浜海外移住資料館=日本でも110周年企画展示=在日ブラジル人の歴史紹介

横浜海外移住資料館=日本でも110周年企画展示=在日ブラジル人の歴史紹介

開会式の様子

開会式の様子

 JICA横浜の海外移住資料館(神奈川県横浜市中区、朝熊由美子館長)と在東京伯総領事館(ジョアン・デ・メンドンサ・リマ・ネト総領事)が16日午後、ブラジル日本人移民110周年を記念し、企画展「日伯110年の絆―在日ブラジル人 在日30年をむかえた日系人の歴史と日常」の開会式を行なった。式典には約100人が来場し展示会の開催を祝った。
 来賓としてネト総領事らが出席し、在日外国人の大学進学を後押しするNPO法人ABCジャパンのミチエ・アフソ理事長にリオ・ブランコ勲章の授与も行われた。
 同企画展示は1990年代の在日日系伯人の困難や母国への郷愁を抱える日常を再現、また日本で活躍する日系伯人を在日日系伯人の写真家、マエダ・ジュニオールさんの写真で紹介している。
 ほか、入管法改正当時のパスポートや新聞雑誌なども展示され、伯移住110周年の歴史と在日日系伯人の30年を振り返ることができる。
 また、日本のポ語雑誌「Alternativa」編集長のエヴィルトン・トバセさんが同日発刊した著書『1991』の無料配布とサイン会も行われた。
 同企画展示は9月2日まで。7月8日午後2時から午後3時半までは同ビル1階の会議室1で公開講座「在日30年の体験から見たブラジルと日本」が行なわれる。講演者は90年に来日した斉藤俊夫さん。95年に人材派遣業などを手がける事業法人を設立した後、農業ビジネスにも参入し日本国内最大の深谷ネギ生産者として成功を収めている。
 斉藤さんは在日伯人学校「ティー・エス学園」を創立したほか、2011年の震災では自家用バスで避難所を回り被災伯人を支援した。講演では在日伯人の現状や、抱えている課題、在日伯人コミュニティの存在意義などについて語る。
 開館時間は火~日曜の午前10時から午後6時まで。最終入館は午後5時半まで。入館無料。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ボウソナーロ下議が訪日=浜松や大泉で熱烈歓迎!=日韓台で教育制度を視察2018年3月16日 ボウソナーロ下議が訪日=浜松や大泉で熱烈歓迎!=日韓台で教育制度を視察  10月の大統領選挙の候補者としてルーラ元大統領に次ぐ支持率2位につけ、今注目のジャイール・ボウソナーロ下院議員(社会自由党、62)が、「アジア公式ミッション―教育と革新―」として、日、韓、台の3カ国を先月22日から3日にかけて訪問した。これは、教育・技術分野における各 […]
  • 西日本豪雨=110周年記念式典にも影響=広島県知事来伯急きょ中止=募金活動検討する県人会も2018年7月11日 西日本豪雨=110周年記念式典にも影響=広島県知事来伯急きょ中止=募金活動検討する県人会も  「西日本豪雨」により、10日夜現在(日本時間)で死者数は約160人、行方不明者は約70人に上り、まだ増え続けている。この影響で、110周年記念式典や県人会式典への出席を予定していた広島県知事の来伯が中止になった。13県から200人とも言われる慶祝団に少なからぬ影響がでそうだ。 […]
  • 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第1回=弁護士は将来、コンピューターに職を奪われるのか?2018年3月29日 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第1回=弁護士は将来、コンピューターに職を奪われるのか?  進出企業や在日ブラジル人コミュニティーを含め、日系移住史は血と汗と涙の結晶といえる。そんな移住者を支え、日伯関係の懸け橋になってきた人材は、枚挙にいとまがない。中でも、日本法・ブラジル法弁護士の役割は大きかった。現在でも、日本の事務所から派遣されて企業支援に奔走する弁護士、日 […]
  • 明治維新と日本人移民=(独)国際協力機構理事長 北岡伸一=(下)2018年6月23日 明治維新と日本人移民=(独)国際協力機構理事長 北岡伸一=(下) (4)日系人と日本  150年の時を経て、全世界で約360万人の日系人がおられます。  150年の間には、ハワイ生まれの日系二世、米国日系人初の上下両院議員となり、50年近く上院議員を勤められていたダニエル・ケン・イノウエ議員を始めとして各国の政界、学界、企業、スポーツ界、 […]
  • 大耳小耳2018年6月26日 大耳小耳  17日付の中日新聞によると、16日から3日間、長野県新田町の「もんぜんぷら座」で『ブラジル日本移民110年の軌跡展』が行われていた。市内で暮らす日系二~三世を中心に実行委員会が作られ、パネルや記念誌などで日本人移民の歴史を紹介したそう。当たり前だが、在日ブラジル人にとっても1 […]