ホーム | 特集 | 新年特集号 | 2001年新年号 | 21世紀が明けた-1000年に一度の朝

21世紀が明けた-1000年に一度の朝

 日本人移民が降り立ったサントス。そのボケイロン海岸には毎朝六時頃になると三々五々、人々が集まってくる。海岸線をゆっくりと散歩する人の流れとは別に。
 『新しい朝が来た。希望の朝だ』
 六時三十分。ラジオ体操の軽快な音楽が、白い浜辺に響きわたる。五十人余りが等間隔に並ぶ。
 揃いの白いユニフォーム姿の日系人は、ほんの二割程度。残り八割は非日系のブラジル人だ。「健康に良さそうだから」「おもしろいから」と興味を示し、気軽に足を運ぶブラジル人は絶えない。
 そうした参加者の格好は、いたって自由。誰もこだわらない。Tシャツに短パンで、時にはビキニ姿でラジオ体操に励む人もいる。
 週末や夏のバカンスの時期、長期休暇の時ともなるとラジオ体操愛好者がぐっと増える。百人以上にも膨れ上がる日も珍しくない。サントスは国内のどこよりも、ラジオ体操の〃混血化〃が進んでいる。
 現在、ブラジルラジオ体操連盟に加盟しているのは三十五団体余り。会員は約二千五百人を数える。ほとんどが日系人だが、地域の体操会場では会員以外の参加者も実は多い。
 二十世紀は人類史上、最も民族移動の進んだ時代だった。日本人が移住したからこそ、ブラジルにラジオ体操がある。そしてブラジルのラジオ体操愛好者が、世界で最も人種に富んでいるのかもしれない。それはまさに「ラジオ体操にみる民族の縮図」か、はたまた「多民族化するラジオ体操」か。
 夜が明けた。いつもと何ら変わらない太陽が顔を出した。しかし、それは百年に一度、千年に一度の太陽だったりする。
 『新しい世紀が来た。希望の新世紀だ』
 今世紀はどうか。絶えぬ民族紛争による難民の流失や経済格差から生じる出稼ぎが増加するのか。二十一世紀はさらなる民族移動の世紀になるのか。ラジオ体操はなお一層、世界へと広がりをみせるのか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》テメル大統領が家庭内暴力廃絶計画を発表=ビデオ放映後、通報が急増2018年11月29日 《ブラジル》テメル大統領が家庭内暴力廃絶計画を発表=ビデオ放映後、通報が急増  25日が「女性に対する暴力廃絶のための国際デー」だった事を受け、テメル大統領が27日、「家庭内暴力廃絶計画」を発表したと27日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  国や自治体が協力し、女性への暴力を廃絶しようとの呼びかけは、トルクアット・ジャルジン法相やグスターヴォ […]
  • 自殺する勇気があるなら一度、日本を出てみたら?2017年8月1日 自殺する勇気があるなら一度、日本を出てみたら?  残業月200時間を超える過重労働に耐えきれず、今年3月に自殺した建設会社の男性社員のことが、日本で先日報じられたのを読んで驚いた。残業だけで200時間なら、月25日間働いたとして残業だけ毎日8時間だ。なんと一日16時間労働…、ブラジルなら「奴隷労働」と訴えられる。 […]
  • 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 聖市 ヴィラカロン在住 毛利律子2018年10月31日 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 聖市 ヴィラカロン在住 毛利律子  先日、サンタクルースのメトロ駅近くで整体治療院を経営する岸本晟さんから、大変貴重な本をお譲り頂いた。半田知雄氏の『移民の生活の歴史』である。  それは、1908年6月18日に第一回笠戸丸がサントスに着岸した日から、1967年5月、移民60周年記念式典に来泊された今上 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • W杯開幕戦の観客席の様子(6月12日、Foto: Ricardo Stuckert CBF)2015年1月13日 リオ五輪で抗議行動は起きるか?=不発に終わったW杯での抗議行動  いうまでもなくサッカー選手の大半は貧困層から生まれている。世界に誇る優秀な選手が輩出される裏には、教育が行き届いておらず、サッカー以外に社会上昇の手段があまりない、という格差社会の現実が前提としてある。  人口の大半を占める貧困層からスポーツの逸材をサッカー […]