ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 人文研所長の宮尾進さんの『ブラジルの日系社会論集 ボーダレスになる日系人』が好評につき、二百部増刷された。
 元々宮尾さんは「本にする積もりはなかった」というが、刊行のきっかけになったのは周りの宮尾ファンの声による。
 昨年十一月の出版記念パーティーもコロニアの内外から約二百人が参集、大いに盛り上がったのは宮尾さんの人徳によるものが多い。
 九一年から務めた人文研所長も本日二十八日が最後となる。「お疲れさま」と言いたいところだが、ブラジル日本移民百周年記念事業として行う『人文研研究叢書』の執筆、編集にも携わるため、向こう四年間はまだまだ休めそうもない。
 それに加えて「これから個人の研究が思い切りできる」と張り切っているのは頼もしいかぎり。これからも『コロニアの生き字引』の邁進を祈りたい。 (剛)

03/02/28

image_print

こちらの記事もどうぞ