ホーム | 日系社会ニュース | 『破れた景観』=パフォーマンス=能楽研究家の永井さん

『破れた景観』=パフォーマンス=能楽研究家の永井さん

3月13日(木)

 ブラジル日系二世アンジェラ永井さんのパフォーマンス「破れた景観」が十四日午後七時から、カーザ・ダス・ローザス庭園前で行われる。国際交流基金サンパウロ日本文化センターの後援。昨年十月のSESC国際ダンス・ビエンナーレに出品した作品となる。
 京都で能楽を研究したアンジェラさんはその要素を現代ダンスに取り込む。アフリカの影響を色濃く残すブラジル新興宗教の神話からの影響も色濃い。いわゆる文化のフュージョン(混淆)から生まれる独特のダンスだ。 
 今作は会場によって振り付けを変化させることに特徴がある、サントス港で行ったときには「水力」と「波」がテーマだった。十四日の公演では、都市で身体が吸収する「音波」と、逆に身体が都市に放つエネルギーが課題となる。
 新進ビデオ・アーティストのルカス・バンボッジィが協力。アンジェラさんの衣装に、都市景観のゆがみを表現した映像を投影するという。
 七日、文化大臣ジウベルト・ジルの基調公演で開幕したイベント「タクティクス・メディア・ブラジル」(ブラジル文化庁、サンパウロ州文化局、SESCらの共催)の公式プログラムの一つ。電子イベントを通じて行政府や文化期間に対し、意見を表明する市民運動を紹介するもので、メディア利用法の可能性を模索することに焦点が当てられている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)2020年9月26日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13) ⑤娯楽を求める心理、団体組織化  1922年にはブラジル独立百周年記念日を祝福して日本帝国海軍の練習艦が初訪問し、サントス港に海国日本の偉容を示した。長い間日本に触れたことなかった移民の中には、隊員たちの腕にしがみついて感涙するものがあったという。  翌1923年に […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボウソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボウソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き2020年9月18日 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き  16日、リオ州を拠点とする犯罪集団「コマンド・ヴェルメーリョ(CV)」の資金洗浄疑惑に対する捜査が行われ、大物幹部が逮捕された。16日付現地サイトが報じている。  今回行われた「オーバーロード2」作戦は、2015年に行われた「オーバーロード作戦」の続編にあたる。主導はリオ州 […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]