ホーム | 日系社会ニュース | 香川県人会移住90周年=南米5カ国で記念誌発行へ

香川県人会移住90周年=南米5カ国で記念誌発行へ

3月21日(金)

 ブラジル香川県人会は二月二十三日、聖市ミランドポリス区イタイプー街四二二番、同会館で定期総会を開き蓮井清朗さんを新会長に選出した。
 蓮井会長が前会長の藤堂光義さんと来社、会長交代のあいさつをした。蓮井会長はコチア青年第一次第一回移民として一九五五年に渡伯している。香川県人会は今年、創立四十八周年を迎える。
 蓮井会長は、「今年は香川県人がブラジルを含む南米に移住して九十周年になる。記念誌『南米移住九十年』を発行するとともに、真鍋武紀知事を招き盛大に記念式典を開きたい」と話した。香川県からはブラジルをはじめ、パラグアイ、アルゼンチン、ボリビア、ペルーに移住している。記念誌はこの五カ国を対象に実態調査を進め、編集される。
 新役員は次の通り。副会長=小野良樹、山本喜美子、東千稔。監査=高橋エルザ、菅原農夫男、山野梅市。書記=藤堂光義。会計=池田サンドラ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連=いい着眼=各国コロニアとの連携図る=100周年式典で来伯した代表を歓迎、懇談会=麻生知事会会長も出席2008年7月15日 県連=いい着眼=各国コロニアとの連携図る=100周年式典で来伯した代表を歓迎、懇談会=麻生知事会会長も出席 ニッケイ新聞 2008年7月15日付け […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]
  • 樹海2015年7月11日 樹海  広島の原爆ドームは、戦争の悲惨さを伝える平和の象徴として、世界中に知られている。日本三景の一つ、厳島神社も有名だが、広島といえばやはり市内にそびえたつあの威容が誰のイメージにも真っ先に来る。しかし戦後まもなくは、市民感情的にも取り壊しを求める声も多かったようだ。当然のこと […]
  • 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?2016年8月23日 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?  21日に閉幕したリオ五輪で、開催国ブラジルは金7、銀6、銅6と、同国の歴史上、最高のメダル獲得数を記録した。それを巡り、「よくやった」と言う人と「開催国なのに20個にも達しないのでは少ない」と言う人は、国の内外を問わずにいる。だが、これまでの南米における「五輪不人気」の状況を […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]