ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 岩手県人会は温かい。会費は、県人会運営にとって大切な収入源には違いないが、これを払えないからといって、あるいは年をとって動けないから、会員であることを辞退する、会報の送付をやめてくれ、などということは言わないでいただきたい――毎月発行の会報で、会員にこう呼びかける県人会である▼ほかの県人会報も読ませてもらっているが、こんな呼びかけは初めて見た▼岩手県人会には、以前から会費の割り引きがあり、〃不要の路線〃もとっている。会費の額は定めているが、あくまで払える人たちのための設定であり、納入がムリならば、「要らない」というのだ▼そこには、長年会員であった人は県人会を支えてきた功労者だ、県人会が続く限り、いつまでも会員でいてほしい、子孫に県人会を継承してほしい、との願いがある。ある意味では、非常に覚めているともいえる。県人会が続く限り、の言い方は限界を見切っている。これはこれで、かえって気持ちがいいくらいだ▼同県人会は、今年創立四十五周年を迎え、来る七月に祝典を催す。母県から慶祝団を迎えることが決まっている。一般会員にも呼びかけた。「みなさんのふるさとの親戚や友人にも、ブラジルを知る機会を与えていただきたい。県人会が母県向け招待状をたくさんつくり、用意したので差し上げてほしい」▼行き届いたことだ。温かさと前向きのやる気。これこそ県人会の原点だ。岩手県人会の四十五周年は中興期なのかもしれぬ。(神)

03/03/28

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]