ホーム | 日系社会ニュース | 文協改革委最終報告書発表=文協は日系社会代表=ガラス張りでブラジルに貢献を

文協改革委最終報告書発表=文協は日系社会代表=ガラス張りでブラジルに貢献を

3月29日(土)

 ブラジル日本文化協会改革準備委員会(渡部和夫委員長)は二十二日の文協総会で『最終報告書』を配布、評議委員会と新執行部に対し今後の活動に関し二十項目の勧告を行った。「文協は日系社会を代表する団体であるべき」という日系社会の共通認識が基礎となっている。同委員会が幅広く意見聴取し確認した結論だ。

 委員会は日系社会の調査により、次のことを確認した。「文協は日系社会を代表する団体だ」「若い世代は文協、日本文化に深い関心を抱いている」「文協は透明性に欠ける」「文協は会員の意見を傾聴しない」「文協はほかの日系団体の活動を理解し支援していない」など。
 報告書は文協を改革し存続させる必要があることの理由として、「文協に有形、無形の財産が蓄積されている」ことを挙げている。一世移民が戦後の混乱の中で一九五五年に前進のサンパウロ文協を創設し、半世紀にわたって活動してきた歴史がある。この可視、不可視の史的財産を雲散霧消させることなく、日系人が継承、発展させていきたいというものだ。
 文協の現状は、こうした日系社会の総意、潜在的要望から掛け離れたものとなっている。「文協離れ」がその端的な証拠だ。文協離れを食い止めるには、その存在理由を明確に定義づけ、会員獲得のための戦略を策定することが必要と強調している。
 報告書は、「日系社会はブラジル社会の一部」と再定義し、「日系社会は(日本人の血が流れていなくとも)日本文化を共有、享受する全ての人々の集団」と再解釈している。
 文協の役割は、「日系社会を代表すること」と「日本文化を伝承し普及すること」の二点、と結論している。
 委員会は文協の活動対象を、文協「会員」という枠組みを越え、再解釈された「日本文化を共有、享受する日系社会」にまで広げた。
 二十項目の勧告のあと、「委員会は、長期にわたって根気よく熱心に改革に取り組む」と、真摯(しんし)に決意を述べている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ2020年9月24日 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ  サンパウロ市の地下鉄と都電(CPTM)の利用客が増え、8月は4月のほぼ倍になった。サンパウロ市と近郊の住民で鉄道輸送を利用した人は、4600万人から9千万人に増えた。  4月は新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための外出自粛が継続され、鉄道輸送の利用者も少なかっ […]
  • 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ2020年9月24日 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ  治験最終段階で良い報告が得られていることで、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が、中国製のワクチンを12月にも実用化させたいと考えているという。23日付現地サイトが報じている。  このワクチンは、中国の製薬会社「シノヴァック」が開発中の「コロ […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボウソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボウソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • ACAL=七夕短冊のお焚き上げ=少人数でコロナ禍収束願う2020年9月24日 ACAL=七夕短冊のお焚き上げ=少人数でコロナ禍収束願う  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は、8月2日に開催された七夕祭りで集まった短冊の「お焚き上げ」を9月12日午前にサンパウロ市の東洋会館内の庭園で行った。当日は新型コロナウイルスの感染防止のため、例年と打って変わり15人程の少人数で行われた。焚き上げ式 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(11)2020年9月24日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(11)  主幹・黒石、編集・輪湖、さらに豊富な資金と活字で、予定通り既存紙を圧倒した。  「既存の二新聞を見下ろしながら、新活字で当初から千五百部も印刷して、購読料など念頭に置かず、経営を続けて行った。他の両新聞が如何に挑戦しても、謄写版や石版では先ず其の武器に於いて敵すべく […]