ホーム | 日系社会ニュース | カシャッサ国際見本市=極上品は日本など外国へ=ミナス産十年ものは300レアル

カシャッサ国際見本市=極上品は日本など外国へ=ミナス産十年ものは300レアル

5月1日(木)

 もうピンガと呼ばないで――。一部のブラジル人の間には低級酒とする偏見もあった、あのお酒。今後はカシャッサの呼称を定着させ、イメージの回復を目論んでいる。
 タルデ紙はかつて盛んに言われた「Yes, nos temos banana」(バナナあります)をもじって、「Yes, nos exportamos cachaca」(カシャッサ輸出してます)。
 前年比で三十三%増という輸出量の伸び率を背景に、同紙では「ブラジルは今、サンバ、サッカーそしてカシャッサの国」と四月二十七日付紙面で報じている。
 ブラジル開発省の調べでは、日本へのカシャッサの輸出量は昨年一年間で、金額にして十一万六千三百七十一ドル。「まだそんなに関心が高い商品とはいえないが、昨年十二月に東京に行われた南米の有機食品を集めたフェアで紹介された実績もある」(サンパウロ日本貿易振興会)。
 こうした流れを受け、先週末サンパウロ市内ではカサッサの国際見本市が開かれた。国内十七州から厳選された二百業者・四百銘柄の商品が展示され、各国から輸入業者が詰め掛けている。関係者の話では、今年二千万リットルの輸出が期待されているという。
 もちろん輸入業者が求めるものが粗悪品であるはずはなく、「海外ではAクラスのカシャッサが出回っている」。パリの一流ブラッセリー『リッツ』ではカシャッサが人気メニューのひとつに定着している、とは前出の関係者。その一方で、「国内で消費される大半は「Dクラス」と続ける。
 ブラジル国民は一日に何杯のカシャッサを飲むのか。答えは約八千万杯。蒸留酒の分野ではロシアのウォッカ、韓国の焼酎(ソジュ)に次ぐ消費量になる。
 ブラジルでの生産業者は三万を数える。なかでも、市場価格で三百レアルになるという逸品を、見本市で試飲した。ミナス産『GERMANA』の十年もの。乾燥させたバナナの皮を巻いた瓶がユニークだ。ちなみにヴァリグ航空はファーストクラスでこの銘柄をサービスしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか?2021年6月1日 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか? 法王のピアーダにムカッ!とするインテリ  《バットマンが新シリーズで犯罪撲滅にサンパウロへ来ることが確認された》という5月27日付LegadodaDCサイトの記事(https://legadodadc.com.br/batman-vem-combater-o-cr […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]