ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 陸奥や出羽の国にも夏祭りがやってきた。津軽の弘前では「ねぷた」が始まり羽後の国は伝統の「竿灯」が夜空を勇壮に彩る。これらを引き継ぎ伊達藩は杜の都・仙台の街々を飾る「七夕」が続く。これを東北の三大祭りと呼ぶ。いずれも「眠流し」という七夕の灯籠流しだが、東北では昔ながらの祭りを今に受け継いで賑やかに酔い騒ぐのが仕来りらしい▼「ねぷた」は、七ー八メートル四方もある豪快な武者絵や美人絵を山車に乗せ笛や太鼓で囃し立て豪壮に街を練り進む。見事なばかりの髭を描き大きな目玉を剥き出し鎌倉武士をも想わせる色彩豊かな顔は、絵師の渾身の筆捌きから生まれる。秋田の竿灯は、太い竹一本に蝋燭を灯した提灯を四十八個も九段に分けて吊るし肩に乗せ舞うが如く横に前にと歩む。興が乗れば額の上にあの重い竹を立てるのは歴史を誇る伝承芸か▼津軽と羽後の「ねぷた」と「竿灯」は「動の世界」と見たい。これに比べると陸前の国・仙台の「七夕」は、どちらかと言えば「静の祭り」に近い。竹竿に飾られた吹き流しは華麗で艶やかだし見物人の目と心を堪能させても呉れる。それとー。東北の三大祭りは揃いも揃って旧暦に従っているのが嬉しい。近ごろは「七夕」も、神奈川県の平塚のように新暦派が多くなってはいるけれども、これらは旧暦が正しく風情もある▼ここで思い出したのだが、この三つのお祭りはサンパウロにも来ているし多くの人々の胸に日本の祭りを植え込んだ。侫武多(ねぶた)の雄偉。竿灯の芸。七夕の優雅ー。 (遯)

03/08/05

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 記者コラム「樹海」京大式「半自粛のススメ」をブラジルでも2020年5月27日 記者コラム「樹海」京大式「半自粛のススメ」をブラジルでも  ブラジルでは連日1千人前後のコロナ死者を記録し、24日時点で死者総数が2万2165人になった。感染が、海岸沿いの大都市から内陸部へとどんどん広まっている。  にもかかわらず、大統領の周辺は、疑惑の閣議ビデオ公開で大混乱状態にあり、今やいつ罷免請求が始まってもおかしくない流れ […]
  • 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう2020年5月19日 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう 「対策ナシならコロナ死者は100万人」  無名だった彼が3月30日に出演したTVクルツーラの討論番組ロダ・ヴィヴァのユーチューブ映像は、24時間で100万人が視聴した。いかにブラジル人一般がコロナを恐れているかが如実に伺われる。  最近のテレビを見ていてもニュー […]
  • 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者2020年5月15日 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者  反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。  とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]
  • 公人としての良心と責任感2020年5月14日 公人としての良心と責任感  12日夜、ボウソナロ大統領がコロナウイルスの感染検査の結果を最高裁に提出した。訪米団員など、20人以上が感染しても陰性と言い続け、メディアから公開を求められていたものだ。  裁判所からの提出命令に対し、「見せない権利がある」と嘯いて拒否し続けたため、最高裁に訴えられ […]