ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月30日

 25日にサンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市で女性歯科医を焼死させた強盗殺人事件の容疑者4人が、27、29日に逮まった。一人は6月に18歳になる未成年者。女医の口座に金がないと腹を立て、女医に火をつけたのはこの未成年者だという▼この話を聞いて思い出すのは、サンパウロ市ベレン地区で起きた強盗殺人事件で学生を射殺したのも3日後に18歳になる未成年だった事だ。女医殺害で火をつけたのは未成年というのは自供に基づくもので確証はないが、もし真実なら、二つの事件の犯人は18歳になる直前に殺人を犯した事になる▼2月に行われたリベルタドーレス杯のコリンチャンス対サンホセ戦でボリビアの少年が死亡した時に信号弾を使ったのも17歳。いずれの場合も、善悪や状況の判断が出来ない、感情をコントロール出来ないなどの問題を抱えた未熟な姿が浮かび上がってくる▼ブラジルでは17歳の犯罪は少年扱いで、最高3年の社会教育プログラムの対象となるだけのため、それを悪用したり未成年者に罪を着せて責任を逃れる大人がいる可能性も高い。だが昔の日本は15歳で元服して成人扱いになった事を考えると、今の17歳はかつての日本の15歳より未熟との印象も▼25日の事件で犯罪法の適用年齢引き下げ論議が再燃しそうだが、子供の未熟さが周りの大人や社会の責任だとしたら、それ以前にやるべき事も山積みのはず。適用年齢引き下げに積極姿勢を見せるアウキミンサンパウロ州知事に対し、「95年にPSDBが州知事になってから生まれた子供が今未成年犯罪を起こしている」との批判が伯字紙に出ていた。「子は親を映す鏡」との諺の重みを感じた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「未成年者の刑を重く」=アウキミンが改定に動く2013年4月13日 「未成年者の刑を重く」=アウキミンが改定に動く ニッケイ新聞 2013年4月13日  【既報関連】サンパウロ市東部で9日に起きた未成年者による大学生殺人事件を受け、ジェラルド・アウキミンサンパウロ州知事が「児童青年憲章」(ECA)の見直しを働きかけることを示唆した。12日付伯字紙が報じている。  12日付本頁で報じた […]
  • コラム 樹海2010年10月8日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2010年10月8日付け […]
  • ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 サンパウロ市在住 田中禮三 2019年1月29日 ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 サンパウロ市在住 田中禮三   新年に、退役大佐ボウソナロ新大統領率いる新政権が発足した。昨年末の総選挙で、過去十数年にわたる労働者党による腐敗政治に終止符が打たれ、新たな年の始まりと共にスタートした新政権へのブラジル国民の期待は大きい。  2015年に始まった検察庁、連邦警察によるラバジャット作 […]
  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]
  • 東西南北2018年4月12日 東西南北  ルーラ元大統領の逮捕と受刑開始は、しばらく尾を引きそうだが、「明日はわが身」と戦々恐々の日々を送っているのが、労働者党(PT)の政敵の民主社会党(PSDB)の政治家だ。14年の大統領候補だったアエシオ・ネーヴェス上議は来週17日に被告になるか、ならないかの最高裁審理が控えてい […]