ホーム | 連載 | 2003年 | 日系人とは何か=安立仙一、渡部和夫 半世紀の交錯 | 日系人とは何か=安立仙一、渡部和夫 半世紀の交錯(1)=文協創立時の役目終え=次の50年のあり方模索

日系人とは何か=安立仙一、渡部和夫 半世紀の交錯(1)=文協創立時の役目終え=次の50年のあり方模索

10月2日(木)

 現在行われている文協改革。大きな動きは未だないとはいえ、従来なかった方針を次々と打ち出し、ようやく胎動を始めたといえる。文協改革最終報告書によると、改革の矛先は団体運営に限らず、日系社会や日系人の定義見直しにも向けられている。その中心的役割を担うのは、コロニアと距離を置く二世インテリの代表とされていた渡部和夫改革委員長。しかし、文協との邂逅は半世紀前にさかのぼり、七十年代から論じてきたその日系観は現在、改革の本流となっている。その変遷を故安立仙一前事務局長へ行なった、最後のインタビューと共に四回にわたって連載する。
◇本文
 勝ち負けの問題を巡って、混乱を極めていた戦後の日系社会。定住が進むにつれ、その負のイメージを払拭する必要性を感じ、コロニアは新しい方向性を指し示してくれるリーダーを希求していた。
 サンパウロ四百年祭の参加は、コロニアへ大きな自信を与え、それが大きな足がかりとなって、サンパウロ日本文化協会へと発展してゆく。
 同祭の協力委員長を務め、初代文協会長となる山本喜誉司が掲げた、「排日の材料の発展的解消には、文化を以ってせねば」というその理念は、一九五八年の日本移民五十周年祭開催と文化センター建設というコロニアを挙げた事業へと膨らんでいった。

 目的のない組織は弱体化 する。新執行部にはこれ から、日系コロニアが実 現に五十年、百年かかる ような大構想を描いてほ しいー。

 この山本構想が大きな軸となり、以降の会長はその遂行者であった、という安立仙一前事務局長の見地に立てば、史料館建設、七十周年祭を実現した〝文協中興の祖〟中沢源一郎会長の代に文化センターの完成をみて以来、文協は目的を失ったのかも知れない。
 実体のない団体と化してしまった日系団体連合会(UNEN)存廃を傍目に、積極的に地方との連携を強調し、日系人と日系社会の新しい定義を掲げる現執行部。
 それは、五十周年祭で全伯レベルの組織作りのため、地方評議員会を結成し、文化を武器として、ブラジルにおける地位向上に奔走したコロニアの一時代と相対するものがあるのではなかろうか。

 歴史は繰り返すー。半世紀を経て、同様の問題に直面した前執行部からの悲鳴に呼応して、改革準備委員会は結成された。
 〇二年十月から、数ヵ月にわたって、意見聴取活動を中心に行なった同委員会。その動きを文協創設期、文協ビル建設、七十、八十年祭と共に、四十六年間の文協勤務における印象深いシーンの一つに挙げていた安立さん。
 委員会側からの要請もあって、病をおしての協力の傍ら、満足そうに漏らしていた。
 もう、大丈夫―、
 リーダーは現れた。
   (堀江剛史記者)

■日系人とは何か=安立仙一、渡部和夫 半世紀の交錯(1)=文協創立時の役目終え=次の50年のあり方模索

■日系人とは何か=安立仙一、渡部和夫 半世紀の交錯(2)=渡部氏=文協とピラチニンガ=独自の論で両方に距離

■日系人とは何か=安立仙一、渡部和夫 半世紀の交錯(3)=本の日本人とは別=コロニアはブラジルの一部

■日系人とは何か=安立仙一、渡部和夫 半世紀の交錯(4)(最終回)=日本文化を心に宿すもの=これ全て新〃日系人〃?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 没後55年、甦った博士論文=山本喜誉司のウガンダ蜂研究=サンパウロ州生物学研究所に複写贈呈2018年5月25日 没後55年、甦った博士論文=山本喜誉司のウガンダ蜂研究=サンパウロ州生物学研究所に複写贈呈  東山農場(三菱系)の初代場長だった山本喜誉司氏(文協初代会長、1892―1963年、東京都)は終戦直後、コーヒー樹の害虫駆除の研究をして論文(日本語)に書き、母校・東京大学から農学博士号を取得していた。その論文の複製が、没後55年の歳月を経てようやく当地に戻ってきた。 […]
  • マクロビ普及に生涯賭ける=菊池富美雄さん、州議会で表彰=「万病は口から、食べ物は薬」2016年9月13日 マクロビ普及に生涯賭ける=菊池富美雄さん、州議会で表彰=「万病は口から、食べ物は薬」  マクロビ普及に生涯賭ける菊池富美雄さん(90、栃木県)が90歳になった顕彰と、妻信子さんとのダイアモンド婚を記念して、カルロス・ジアナジサンパウロ州議の発議で、15日午後7時から州議会ジョゼ・ボニファシオ講堂で顕彰式典が行われることになった。  栃木県で1925年1 […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(7)=戦前からの意外な繋がり2016年8月18日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(7)=戦前からの意外な繋がり  調べてみると、確かにパジーリャは戦前からスポーツ局の仕事をしていた。ヴァルガス独裁政権からサンパウロ州執政官(1938~41年)に任命されたアデマール・バーロスからの信任が厚く、パジーリャはサンパウロ市アグア・ブランカ区のベイビ・バリオニ体育複合施設、イビラプエラ体育複合施設 […]
  • ■訃報■沖眞一さん2016年5月24日 ■訃報■沖眞一さん  ブラジル東京農大会会長の沖眞一さんが22日午後1時ごろ、サンパウロ市内の自宅で亡くなった。去年12月に大腸癌手術を受け、自宅療養を続けていた。享年76。 広島出身。東京農業大学の農業拓殖学科3期生で、1961年8月に呼び寄せによって単身渡伯し、サンパウロ州アチバイアの矢野農場 […]
  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]