ホーム | 日系社会ニュース | 日本の最新消費市場を紹介=著名コンサルタントが講演へ=総領事記者懇談会で発表

日本の最新消費市場を紹介=著名コンサルタントが講演へ=総領事記者懇談会で発表

11月1日(土)

 在サンパウロ総領事館(石田仁宏総領事)の定例記者懇談が三十一日、総領事館四階会議室であった。九月下旬以降に引渡しがあった草の根無償資金協力事業の紹介、海洋地球研究船「みらい」のサントス寄港、日本の消費市場動向紹介講演会などについて説明があった。
 九月下旬以降、草の根無償資金協力事業として引渡しがあったのは、(一)精神障害者復帰センター「やすらぎホーム」施設改修計画(供与先・援協)供与限度額・六万二千二百七十八米ドル(二)「セクシャル・リプロダクティブ保健センター」(サンパウロ市)五万四千四百二米ドル(三)「高齢者活動センター」建設計画(レジストロ市)四万六千八十一米ドル――の三件。
 南半球就航観測航海を遂行中の海洋地球研究船「みらい」については、十一月四日午後二時から、サンパウロ大学海洋学研究所内講堂(大学都市オセアノグラーフィコ広場一九一)で英語による講演会「BEAGLE 2003計画」がある。また、翌五日午前十時から、サントス港客船ターミナルに停泊の「みらい」船内特別公開がある。参加希望者は総領事館に事前連絡が必要(電話・287・0100)。
 日本の消費市場動向紹介講演会は十一月六日午後三時から、「サンパウロ輸出企業のための日本市場、特に日本人の消費動向について」をテーマに、サンパウロ中小企業庁(SEBRAE)のオーディトリアム(ヴェルゲイロ街一一一七、六階)で開かれる。日ポ同時通訳。ブラジル側は田中信ブラジル日本商工会議所会頭、ブラジル貿易振興庁(APEX)代表、日本側はマーケティングコンサルタントの西川りゅうじん商業開発レゾン所長が講演を行なう。参加費無料。申し込みは(電話・0800・780202)。
 そのほか、三十日に開かれた安全対策会議のまとめとして、(一)日本へのデカセギ者を持つ家族に、領事館職員を語って金品をだまし取る詐欺(二)グアルーリョス国際空港から自宅までつけて襲う、日本人と日系人をねらった強盗――などに注意するよう喚起。大熊博文領事は、「おかしいと思ったら、すぐ領事館に一報を。また、被害にあった場合も連絡をください」と訴えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ