ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

1月20日(火)

 シェル米国人重役トッド・スタイリーさんと妻ミッシェルさん殺害事件で、警察はフロッサードさん(六一、定年退職)暗殺事件との関係を調べている。フロッサードさんはスタイリーさん事件の四日後に背中を撃たれて死亡。スタイリーさんの運転手によれば、フロッサードさんはスタイリーさんと同じモルモン教徒で、リオ市イタニャンガー区にある『最後の審判のキリスト』モルモン教会に通っていた。警察は、フロッサードさんは「知り過ぎた」ために殺されたとみる。スタイリーさんの爪(つめ)についていた有機物質と、フロッサードさんのDNAを比較鑑定する。
     ◎
 サンパウロ州でデング熱にかかった人の数は〇三年、〇二年と比べて五二%減少した。〇三年は二万三百一人で、〇二年は四万二千五十八人だった。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄従業員組合は二十一日午前零時から、二十四時間のストに入ると宣言している。もし実施されれば二百五十万人のサンパウロ市民の足が奪われることになる。スト宣言の散らしが十五日に地下鉄セー駅で配布された。同従業員八千人は、〇三年から行われている定年者の解雇に反対しストを打つ。
    ◎
 ジョゼ・ジルセウ官房長官は十五日、内閣改造案はすでにルーラ大統領の手中にあると発表した。内閣改造は一気に行われるものとみられ、現大臣たちの中で今年実施される市長選挙に立候補する人はだれもいない。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、ブラジル史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の […]
  • サルネイ上議が心臓手術=冠動脈のカテーテル治療2013年8月31日 サルネイ上議が心臓手術=冠動脈のカテーテル治療 ニッケイ新聞 2013年8月22日  7月28日に体調を崩して緊急入院、同31日にサンパウロ市シリオ・リバネス病院に転院して治療中のジョゼ・サルネイ上議が20日、冠動脈のカテーテル手術を受けたと同日付G1サイトが報じた。 […]
  • ジウマ支持率は47%=第2期開始後のルーラ並み2011年3月22日 ジウマ支持率は47%=第2期開始後のルーラ並み ブラジル国内ニュース ニッケイ新聞 2011年3月22日付け  ダッタフォーリャが15、16日に行った支持率調査で、ジウマ大統領は良い/最良と評価した人は47%に上り、第1期政権開始直後では過去最良と21日付フォーリャ紙が報じた。 […]
  • 東西南北2007年7月5日 東西南北 2007年7月5日付け  天気予報。ブラジリアは今日も息苦しい空気に包まれるでしょう。航空管制トラブルとレナン・ゲート、ロリス疑惑と息苦しさに事欠きません。コンゴーニャス空港はトラブル当初、待合室でゴロ寝するのでコンフローニャス空港と呼ばれた。トラブルも九カ月に及ぶので、 […]
  • 東西南北2007年5月8日 東西南北 2007年5月8日付け […]