ホーム | 連載 | 2004年 | 日本文化の伝承を考える | 日本文化の伝承を考える(2)=カルチャーショック

日本文化の伝承を考える(2)=カルチャーショック

1月24日(土)

 モンゴル出身の横綱・朝青龍の言動が横綱にふさわしくないと、いろいろマスコミに叩かれている。ブラジルにいる私達から見れば、そんなことまで突っついてとやかく言うこともないのにと思うこともあるけれど。
 相撲もスポーツで実力の世界なのだが、相撲社会はそれだけではなく、横綱も随分とカルチャーショックを経験しているのだろう。ブラジルではRomarioのような選手でも、いろいろ問題を起こしながらも選手生活を全うしている。日本とはかなり違うようだ。
 ブラジルに来る以前、私は日本海外青年協力隊の一員として、中米エル・サルバドルに赴任していた。美術関係の仕事だったが、エル・サルバドルには体育の指導員もいて、彼らは、首都サン・サルバドルからかなり離れたところにある、教師も生徒も全寮制の体育学校で生活していた。学校には食堂があり、先生と生徒の食事するところが区別され、食事の中身も違っていて、初めてそれを見たとき奇異の感を抱いたことを覚えている。
 文化の違いによって生ずる問題を指してカルチャーショックという。日本語に訳せば「文化の衝突」となる。ある人が育った環境で無意識に身につけた習慣、考え方などを、他国で、その土地の人々に適用したときに起こる問題を指して言う。
 日本では、苦笑い、照れ隠しの笑いなどがあり、ブラジルに来た当初私はこれをやって、日系二世の婦人に「どうしてあなたは理由もないのに笑うのか」と言われ、ショックを受けた経験がある。また、隣の非日系ブラジル人が「小麦粉がないので、ちょっと貸してもらいたい」と頼むので貸してやれば、梨のつぶて、いつまで経っても返さないとか、家族同様親身になって面倒みてやった使用人に、辞めたとたんに労働法で訴えられた、などという話を人から聞いたことがある。この話には、使用人に裏切られたという気持ちが強く表れている。これらはカルチャーショックの一例だろう。
 人類はみな兄弟だから、話せばわかる、まごころさえあれば必ず分ってもらえる、と考えるのは大きな間違いだ。人類は、ホモ・サピエンスに進化してより、人類が増えるに従い社会を形づくってきた。そして、それぞれの社会で混乱が起きないように、各々の社会に適した独自の原則を創りあげてきた。カルチャーショックというのは、この原則に触れるときに起こる。文化伝承を考える場合、このカルチャーショックをいかに克服するかが問題となる。カルチャーショックは美術・音楽・スポーツなどの文化の違いによって起こるのでないことを強調しておきたい。(中谷哲昇カザロン・ド・シャ協会代表)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル事務所に3人着任=企画調査員2人と健康管理員2021年4月23日 ブラジル事務所に3人着任=企画調査員2人と健康管理員  独立行政法人国際協力機構(JICA)のブラジル事務所(江口雅之所長)では1月に企画調査員の井口史子さん、3月に宮下和正さん(長野、41歳)、1月に健康管理員の速水早苗さん(愛知、45歳)が着任した。うち2人を16日にオンライン取材した。  企画調査員の宮下さんは以前 […]
  • 《ブラジル》全入国者に検査義務付け=72時間前までのPCR陰性提示2020年12月22日 《ブラジル》全入国者に検査義務付け=72時間前までのPCR陰性提示  連邦政府が17日夜、航空便でブラジルに入ろうとするブラジル人や外国人に、搭乗72時間前までに行った新型コロナのPCR検査で陰性であった事を示す書類の提示を義務付ける方針を明らかにしたと18、19日付現地紙、サイトが報じた。  この規定は30日から有効となる。新たな規 […]
  • 米国へのブラジル人不法入国=逮捕者数は1年で10倍超に=入国審査の間は刑務所に=トランプの言いなりの外務省2020年2月18日 米国へのブラジル人不法入国=逮捕者数は1年で10倍超に=入国審査の間は刑務所に=トランプの言いなりの外務省  米国に不法入国して逮捕されたブラジル人移民が1年で10倍以上に膨れ上がり、米国で入国審査を待つ間も米国の刑務所で非人道的な扱いを受けていると15日付エスタード紙が報じている。  2018年度(前年の10月1日から当該年の9月30日まで)に米国に不法入国して逮捕された […]
  • 米国移民問題=不法入国のブラジル人をメキシコ送りに=「言葉話せず立場弱い」とも2020年2月1日 米国移民問題=不法入国のブラジル人をメキシコ送りに=「言葉話せず立場弱い」とも  【既報関連】米国トランプ政権は1月29日に、米国とメキシコの国境から米国に不法入国を試みたブラジル人は、入国審査を待つ間、メキシコに送り返されると発表した。  既に、未成年者4人を含む少なくとも10人のブラジル人が、1月29日の夕方にはメキシコのシウダード・フアレス市に送ら […]
  • 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ2019年10月8日 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ  来社対応を終えて、なにげなく編集部入口の古本売り場をみたら、見覚えのある特徴的なヒゲを持つ男性の後姿がみえた。「珍しい人が来られましたね」と声をかけたら、やっぱりモジ市コクエラ在住の陶芸家・中谷哲昇さん(あきのり、76、大阪府大阪市出身)だった。  中谷さんは「本を […]