ホーム | 日系社会ニュース | 各県警本部=捜査幹部初めて来伯=警察官10人が視察=ブラジル事情の知見深める=背景にはブラジル人犯罪増加も

各県警本部=捜査幹部初めて来伯=警察官10人が視察=ブラジル事情の知見深める=背景にはブラジル人犯罪増加も

1月29日(木)

 二十五日から日本の警察官十人がサンパウロ市に滞在し、ブラジルの生活習慣および、その警察・司法制度について理解を深めようと研修に励んでいる。在日ブラジル人の多い中部地方の各県警に所属する警官が主で、うち六人は捜査幹部。愛知県警から出向しているサンパウロ総領事館の大熊博文領事は、「これまでは語学研修を兼ねた巡査らが多かった。捜査幹部の来伯は恐らく初めてではないか」と話す。今回、警察庁が捜査幹部の派遣に踏み切った背景からは、犯罪検挙の現場以外でも、日常的に在日ブラジル人との接点が増えている日本の社会事情が浮かび上がる。

 二十八日、日本の警察官十人はブラジル弁護士会を訪問。二十九日は州の裁判官、検事らと懇談する。
 滞在スケジュールを組んだ大熊領事は、「在日ブラジル人犯罪に対応するには、ブラジルの捜査関係だけでなく司法関係に関する知識も必要」としたうえで、三十日には、犯罪多発地域のひとつ、ジアデーマ市のファヴェーラを視察する予定もあると明かした。
 また、領事は「普段から在日ブラジル人を対応する機会が目立つようになってきた。捜査幹部がブラジルの事情を知らないと部下に指示できなくなっている」と話し、日増しにブラジル人の存在が日常社会で無視できない存在になりつつある状況を指摘した。
 捜査幹部は来週帰国するが、通訳として同行している巡査、職員らはその後も残り、一カ月間の語学研修を行うという。
 在日ブラジル人犯罪への関心は、日本だけではなくブラジル・メディアの間でも高まっている。「日本とブラジルの警官交流は十一年前から始まっているが、最近になって、マスコミに扱われることが多くなった」と領事はいう。
 二十八日付ジアーリオ・デ・サンパウロ紙も、今回、日本の警察官がサンパウロに滞在していることを報じ、在日ブラジル人犯罪の検挙数について書いている。それによると、「日本は最も安全な国だが、二〇〇一年の在日ブラジル人犯罪は三千四百五十七件。昨年(一―十一月)は四千三百八十二件が報告されている」。
 逮捕者には未成年も多く含まれていることから、この問題について、野村丈吾元連邦下議の見解を紙幅を割いて紹介している。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 《ブラジル》四世ビザ3人目予定のコスタさん=東洋街で査証制度の説明会=「お仕事.com」社主催2018年11月22日 《ブラジル》四世ビザ3人目予定のコスタさん=東洋街で査証制度の説明会=「お仕事.com」社主催  サンパウロ市リベルダーデ区のビザ代行取得業者「お仕事.com(ドットコム)」社が20日、東洋街の熟連クラブ会館で四世受け入れ制度についての説明会を開催した。当日は四世や同制度に関心を持つ人など約70人が集まった。ブラジルで3人目の『四世ビザ』取得者となる予定のデヴィド […]
  • 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん2018年9月1日 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん  平成30(2018)年度の外務大臣表彰では、日本側でもブラジル関係者2人が受賞している。表彰式は7月24日に東京の飯倉公館で行なわれ、河野太郎外務大臣より表彰状と副賞の正絹風呂敷が贈られた。  タカラベルモント株式会社の会長兼社長の吉川秀隆さんの受賞理由は、「日本と […]