ホーム | 連載 | 2004年 | 教科書 時代を映して変遷 | 教科書 時代を映して変遷(19)=USP、やりにくい日本語授業=学生の出発点異なる

教科書 時代を映して変遷(19)=USP、やりにくい日本語授業=学生の出発点異なる

5月11日(火)

  「今、日本語の授業は結構やりにくいんですよ」
 織田順子サンパウロ大学日本文化研究所所長は、少々頭を痛めている様子だ。
 哲学・文学・人文学部に入学した学生は一年間、まず一般教養を学ぶ。二年目に本人の希望とレベルで専攻を決定。日本語がカリキュラムに組み込まれてくる。
 もちろん、授業は「あいうえお」のひらがなから開始。カタカナ、辞書の引き方などにつなげていく。文型に入るのは一カ月後のことだ。
 「たとえ、日系人で日本語を話せるといっても、文法を理解、分析することは別問題。だから、講義を受けるのは意義があります」。織田所長はそう、強調する。
 と言っても、日本語学校の卒業生と全くゼロから始める人とでは、スタートがずいぶん異なる。だから、最初の一カ月間、講義に出席する必要の無い学生も。
 さらに、機構改編の一環で数年前から、ほかの学部生も受け入れなければならないことになり、学生間の意識格差が大きくなった。
 「いろんな層が同じクラスにいるのだから、教える側は、どこに照準を合わせていいか分からず混乱気味です」
     ◇
 日文研首脳部の理想はこうだ。日本語一年(学部二年)で初級~中級の日本語能力を習得。二年目(学部三年)に文学入門・文学史や論文の読解が加わり、最後の一年(学部四年)で文学作品の分析にまでもっていく。
 だが、現実は甘くない。初級レベルの日本語力は容易にマスター出来るものの、中級、上級へのステップアップはかなり難しいからだ。古典文学コースでは、最低でも現代語訳を何とか読ませたいのが教授陣の願いだという。
 織田所長は「語学の習熟には、時間も手間もかかるもの。学生にどう、力をつけさせるかが大きな課題です」と認識する。
 『INTRODUCAO GRAMATICA DA LINGUA JAPONESA』(日本語文法入門)では不十分だと、関係者の意見は一致。数年前から、共同執筆で中級用のテキストを作成している。
 織田所長は「スタッフは皆、様々な仕事を抱えているので、進捗状況は今ひとつなんですが…」と苦笑するが、今年中にはメドをつけたい考えだ。
     ◇
 四月初めのある木曜日。正午から午後二時まで、文学部の教室で日本語の公開講座が開かれていた。言語センターの主導で三月からスタートしたもの。英語やポルトガル語の講座は既にあり、日本語が新たに加わった。
 日本語能力試験三、四級合格を目標に置き週二回、授業がある。学生だけでなく一般希望者も受講でき出席者の顔ぶれは多様だ。この日は、聴解問題を解いた後、形容詞や動詞のドリルをこなした。講師の米須メイリーさんは日本語学科のインストラクター(モニトール)でもある。
 織田所長は「三、四級を合わせてやるというのは、乱暴な話なんですが、まだまだ、試験的な部分もあるので、反響を考えながら進めていきたい」と慎重な態度をみせる。軌道に乗れば、一、二級用のクラスも設ける考えも持っているようだ。つづく。                           (古杉征己記者)

■教科書 時代を映して変遷(1)=教育勅語しっかり記憶=イタペセリカ 今も「奉安殿」保守
■教科書 時代を映して変遷(2)=国粋主義的思想〝植え付け〟=満州事変後の日語教育
■教科書 時代を映して変遷(3)=ヴァルガス政権発足で=日語教育は〝地下活動〟
■教科書 時代を映して変遷(4)=戦後に一、二世の〝亀裂〟=それでも日語教育は消えなかった
■教科書 時代を映して変遷(5)=人間教育を重要視=『松柏』の川村さん=「戦前の教科書に夢があった」
■教科書 時代を映して変遷(6)=いち早く日語教育理念=アンドウさん=〝コロニア向け〟の必要説く
■教科書 時代を映して変遷(7)=〝コロニア教科書〟作製しても=外国語教育令が足かせ
■教科書 時代を映して変遷(8)=科書時代を映して変遷=『日本語』8巻61年完成=翻訳して当局の検定受ける
■教科書 時代を映して変遷(9)=保護者の矛盾した意識=日本語教育は必要=教師月謝は上げぬ
■教科書 時代を映して変遷(10)=初訪日研修員がつくった=『にっぽんご かいわ』=2つのレベルで
■教科書 時代を映して変遷(11)=初訪日研修員がつくった=『にっぽんご かいわ』=2つのレベルで
■教科書 時代を映して変遷(12)=日伯文化普及会が産声=早い時期に認識=日本語教育は外国語教育
■教科書 時代を映して変遷(13)=日語学校の生存競争=激動90年代、学習者減る
■教科書 時代を映して変遷(14)=日本語能力低下に対処=文協が講座を開設
■教科書 時代を映して変遷(15)=高評価、よく売れる=橿本さんの『きそにほんご』
■教科書 時代を映して変遷(16)=視覚に訴えるテキスト=現代っ子のニーズに合わせて
■教科書 時代を映して変遷(17)=州立校では初の試み=レジストロ日本語が選択科目に
■教科書 時代を映して変遷(18)=USP日本語講座開設=客員教授ら文法入門を刊行
image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》北部の配電会社3社の経営権を民間企業が落札=民営化で電力格差の解消へ2018年9月1日 《ブラジル》北部の配電会社3社の経営権を民間企業が落札=民営化で電力格差の解消へ  8月30日、エレトロブラス社所有の、ブラジル北部配電会社3社の経営権公開入札が行なわれ、エネルジサ社が2社、オリヴェイラ・エネルジア社が1社落札したと8月30、31日付現地紙・ニュースサイトが報じた。連邦政府が過半数の株を所有する公社的組織エレトロブラスの経営効率を上 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • ブラジルに人種差別が無いって、本当ですか?=サンパウロ市在住 毛利律子2018年6月23日 ブラジルに人種差別が無いって、本当ですか?=サンパウロ市在住 毛利律子 ▼歴史学者トインビー博士の言葉「人種問題は、異人種が結婚したら解決するだろう」  1960―70年代、すでにアメリカ合衆国、南アフリカのみならず、世界各地で悪質な人種問題の嵐が吹き荒れていた時代に、歴史学者のアーノルド・トインビー博士が、この問題に関して次のように […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 授かったこの身体を使い切る=高齢化社会・日本の就労事情=働けるうちは喜んでいつまでも=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2018年12月27日 授かったこの身体を使い切る=高齢化社会・日本の就労事情=働けるうちは喜んでいつまでも=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  去る十一月半ば、日本への一時帰国に際して、一人のイタリア系移民の三世で、生粋のブラジル人女医が同行した。初めての日本旅行ということで、日本国内の数カ所を案内することにした。ブラジル人の日本好きはよく知られているが、彼女もそれなりに情報を集め、服装にも気をつけ、ちょっとした心付 […]