ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

7月17日(土)

  サンパウロ州イトゥー市の保健所で十五日に一歳の赤ちゃんが連れ去られたが、十六日午後に無事母親のもとに戻った。拉致したのはイウマ容疑者(27)で、連れ去った後に後悔し、警察に自首。同容疑者は一週間前に妊娠五カ月の胎児を流産し、夫にそれを話せず悩んでいたと供述した。
     ◎
 父親と三人の子ども(19、15、3)が十五日午後、サンパウロ市北部オルト・フロレスタル区の自宅でガス中毒が原因で死亡した。近所の人によると、子どもたちが冬休みに入り、いっしょに過ごせるからとてもうれしいと父親は話し、九日に彼らをサントスに迎えに行ったという。警察は自殺の可能性はないと発表したが、事件は不審死として記録された。
     ◎
 月平均二百八十万レアルのムダ遣い―。十八億レアルの巨費を投じて完成した地下鉄五号リラ線は、開業から二十カ月が経ったが、乗客数が一日平均二万六千人と運搬能力のわずか七・五%に過ぎないため、同線は大赤字。乗り継ぎ線がCPTM(サンパウロ州都市圏鉄道)しかないのが原因とみられる。沿線住民は、がら透きの電車を「幽霊電車」と命名。
     ◎
 十五日朝、コパカバーナ海岸に珍客が流れ着き、人気者に。アルゼンチン南部から海流に乗ってはるばるやって来たのはペンギン四匹。うち三匹は同海岸に、一匹はサン・コンラード海岸に漂着した。ペンギンらは衰弱しているため、ニテロイの動物園に運ばれ特別の治療を受ける。ここ十日間に九匹のペンギンが同動物園に運び込まれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(2)=政府批判に腰が引けていた邦字紙2018年7月13日 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(2)=政府批判に腰が引けていた邦字紙  ブラジル日本移民百周年の際に、百年史編纂に関わり、邦字紙の歴史を書いた。その時に痛感したのは、ブラジル政府批判に関して邦字紙はどこも腰が引けていたことだ。邦字紙には1941年にゼッツリオ・ヴァルガス独裁政権によって強制廃刊させられた辛いトラウマがある。  その当時の […]
  • 東西南北2018年4月7日 東西南北  5日夜、ルーラ元大統領への逮捕命令が出たことで、ブラジルは6日にかけて騒然となった。ブラジルが未曾有の好景気に沸いたルーラ政権下に、このような事態を想像した人がいただろうか。労働者党(PT)はルーラ氏の逮捕に関して、「ガンジーを捕まえるようなものだ」とまで言い切り、同氏が大統 […]
  • 野望衰えぬジルセウ氏=サンパウロ州知事から大統領を2007年3月28日 野望衰えぬジルセウ氏=サンパウロ州知事から大統領を 2007年3月28日付け […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]