ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

8月6日(金)

  深夜のサンパウロ市は、当局の手薄な取り締まりをかいくぐって違法営業するペルエイロ(相乗り白タク)にとって格好の稼ぎ場となっている。路線バスは営業時間には千三百台が巡回するが、深夜以後は三十台に減る。ビリェッテ・ウニコの出現により違法ペルエイロは仕事を失ったため、路線バスや正規ペルエイロの巡回が少ない時間帯を狙う。乗客は少数でも乗車後ただちに発車、途中停車はほとんどないので到着も早い。
     ◎
 サンパウロ州で最初の仮拘置センター(CDP)が四日、アララクアラ市で落成した。CDPは八人を収容する監房が六二あり、計四百九十六人を収容できる。脱走や暴動の防止対策として、三十二台の監視カメラを含むハイテク機器が装備されており、穴を開けられないよう監房の床と壁は鋼板で覆われている。年末までにさらに十五カ所のCDPが州内で落成する予定。
     ◎
 郵便局の従業員組合が四日、郵便電信公社(ECT)の五%給与調整を拒否した。労組はECTの回答を九月一日までの期限とし、要求が入れられない場合はストに入ることを決議した。十二日はデモ行進を行う予定。労組側の要求は、〇三年並みの最低二二・七一%を要求している。ECTと労組とECTの代表が九日、首都ブラジリアへ赴き本部で協議する。
     ◎
 アゴーラ紙が十大銀行の窓口前での待ち時間を調査したところ、普通の日の空いた時間で平均十五分、月初めなど混雑する時期には一時間も待たされることが明らかに。九〇%の支店で応対する行員の数が窓口の数より少なく、混雑が激しい昼休みの時間帯ほど行員が少なかった。自動支払機は列を避ける方法の一つだが、操作が煩雑なため預金者には好まれていないよう。スダメリスとサンタンデルには支払機の取り扱いを手伝う係員が一人もいなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協施設=入居料改定2008年5月31日 援協施設=入居料改定 ニッケイ新聞 2008年5月31日付け  サンパウロ日伯援護協会(森口イナシオ会長)経営の施設入居料が改定された。インフレ率などにあわせて各施設とも一〇%ほど高くなった。<BR> […]
  • 東西南北2016年10月12日 東西南北  今日12日は「ノッサ・セニョーラ・アパレシーダの日」と「子供の日」で祝日だ。今日に備え、自分のお子さんやお孫さん、知り合いの子供用にプレゼントを買った方も少なくない。サンパウロ市セントロのサバラー小児病院では粋なプレゼントが入院中の子供たちに用意されている。同病院の窓拭きを外 […]
  • 東西南北2011年1月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年1月29日付け […]
  • (サンパウロ州議会)カウエ氏を議長に再選 PTと組みジャナイーナ下す2019年3月19日 (サンパウロ州議会)カウエ氏を議長に再選 PTと組みジャナイーナ下す  15日、この日からはじまったサンパウロ州議会で議長選が行われ、ジョアン・ドリアサンパウロ州知事の民主社会党(PSDB)所属のカウエ・マクリス氏が、政敵・労働者党(PT)まで味方に巻き込む形で、対抗のジャナイーナ・パスコアル氏(社会自由党・PSL)に圧勝した。16日付現地紙が報 […]
  • 《ブラジル》新教育相にヴェイントラウビ氏 ヴェレス氏は3カ月で更迭 勢力争いの中間取る人事だが 本人はマルクス文化打倒を望む2019年4月10日 《ブラジル》新教育相にヴェイントラウビ氏 ヴェレス氏は3カ月で更迭 勢力争いの中間取る人事だが 本人はマルクス文化打倒を望む  8日、リカルド・ヴェレス・ロドリゲス教育相が更迭され、後任にアブラアン・ヴェイントラウビ氏が指名された(就任は9日)。同氏はオニキス・ロレンゾーニ官房長官の元側近で、財界での経験こそあるが、教育界での経験はなく、教育界から批判の声が上がっている。9日付伯現地紙が報じて […]