ホーム | 日系社会ニュース | 「餅」今年も人気上昇中=アチバイア花祭りで定着

「餅」今年も人気上昇中=アチバイア花祭りで定着

9月10日(金)

 「春の風」をテーマにサンパウロ市近郊のアチバイアで九月四日に始まった第二十四回「花といちご祭り」は、初日から多勢の来場者を魅了して好調なすべりだしを見せている。
 もともと、この行事はアチバイア日伯文化体育協会(文協)の農産展として始まり、柿祭りに発展し、さらに規模が大きくなり、現在のようなオルトランジア協会(平中信行会長)主催による町を挙げての行事となっている。「日系社会の誇り」(辻修平アチバイア文協会長)でもある。
 この誇りある行事の会場で存在感を強めているのが〃餅つき〃だ。MOTIという言葉も定着し、餅つき会場にはANKO MOTI、SHIRO MOTIが日本語と併記されている。壁には「アチバイア花祭り名産! 搗きたての美味しい白餅、あんこ餅、Rs6・00」と表示されている。
 非日系ブラジル人や若い日系人の餅を求める姿が増えているのが新しい傾向で、健康志向に加えて、日本の伝統的な食文化に対する理解が深まっている一つの現象であろう。会場にある文協食堂で頑張っているのは、青年層が多い中で、餅つき場では高齢者たちが喜々として白餅やあんこ餅作りに励んでいる。
 ブラジル独立記念日の九月七日だけで、百五十キロの餅が売り切れた。今年はモチ米を千四百キロ用意したようだ。
 「この祭りでは(文協の)高齢者と青年が役割を分担しながら活動をしています。幸いに餅が祭りの名物となってきましたので、この伝統を若い人たちに伝えていきたいです。花祭りそのものがわれわれ日系の誇りでもありますので、皆さんのご来場をお待ちしています」と文協の辻会長。
 花といちご祭りは十日~十二日と十七日~十九日にも行われるので、一つの会場で美と食の両方を楽しむ機会はまだ残されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《ブラジル》病的連続殺害犯が逃亡潜伏=2週間も恐怖に怯える住民2021年6月22日 《ブラジル》病的連続殺害犯が逃亡潜伏=2週間も恐怖に怯える住民  6月9日に連邦直轄区(DF)で起きた一家4人殺害事件の犯人がゴイアス州コカルジーニョ・デ・ゴイアス付近に逃げ込み、数百人規模の警官が捜索を続けているが、21日も逃亡中と9、15~21日付現地紙、サイトが報じている。  9日の事件は、DFセイランジアに住む48歳の男性 […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]