ホーム | 日系社会ニュース | 斎藤光之さん入選=明治神宮大祭の献詠歌

斎藤光之さん入選=明治神宮大祭の献詠歌

11月11日(木)

 先月末行われた明治神宮秋の大祭(ブラジルからの)献詠歌の成績がわかった。九日、小池みさ子さんが連絡してきた。
 ◇入選
ポ語のみの吾が家となりぬ只独り大和言葉の書を読み続く     斎藤 光之
◇佳作
三世の幼き男孫真剣に母のひらがなを書きなおしている      伊東 国子
何見てもただ懐かしく歩みいるあざみの花咲くふるさとの道    内谷 美保
七夕祭りの笹に恋歌結びつつゆかた姿の日系乙女ら
       尾崎都貴子
棄民とも呼ばれし吾もブラジルに家祖となる身の卒寿祝わる    瀬尾 天村
大根の野性化したる花咲けりかつては同胞の住みたる土地か    立花  操
この国を踏みし日に見しイッペ花過ぎゆく季の風なかに咲く     田中 朝子
ブラジルの七夕祭りコーヒーの煎り豆も吊られほのかに香る    田辺 艶子
水野竜の渡伯日誌発見のよろこびを友はしずかに話す 藤田 朝寿
窓の辺に万両赤く実らせて夫の年金生活の日々 松村 光江

image_print

こちらの記事もどうぞ