ホーム | 日系社会ニュース | 「カミニョ・ド・マール」絶景見ながら下る=歩こう友の会至福の3時間半

「カミニョ・ド・マール」絶景見ながら下る=歩こう友の会至福の3時間半

1月28日(金)

 リベルダーデ歩こう友の会(高木ラウル会長)は、二十五日午前、カミニョ・ド・マール(海からの道)の「下り」を歩いた。参加四十七人。サンベルナルド・ド・カンポのリアショ・グランデからコース総距離は九キロ。後半は、降雨があったが、歩くことが大好きな人たちは、「イヤだな」の「イ」の字ももらさず、カッパを着用したり、傘を差したり、楽しみながら歩き切った。所要約三時間半。途中は高所から下方を見渡せる、絶景の連続だった。
 同コースは、すでに一七〇〇年代、サントスの海岸地域とサンパウロをつなぐ物流の要所だった。一八六七年鉄道サントス~ジュンジアイ線が開通するまで、唯一の「道」として生命線の役割を果たした。後にアンシェッタ街道、イミグランテス街道が開通、と時代が進んで、〃実用〃はされなくなった。
 サンパウロ州は、環境保護と「道」の観光地として再開発を試み、いまその評価を受けているところ。監督・ガイドを兼ねた、主として青年たちを養成。友の会の一行は、この日、九キロ全行程、ガイドの案内を受けた。
 一行は、クバトンに降りて昼食、バスでサントス市内に入り、ポンタ・ダ・プライアの魚市場、ボケイロンの日本移民上陸記念碑を訪ね、さらに、サンヴィセンテのブラジル発見記念「500年展望台」と「守禮之邦」の見て帰聖した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2020年9月30日 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  日本人ブラジル移住112周年記念に際し、御挨拶を申し上げます。   1908年に最初の移民船笠戸丸がサントス港に到着してから今年で112年となります。多くの先達の方々がこの広大なブラジルの地を訪れ、厳しい環境の中、幾多の困難を乗り越え今日のブラジル日系社会の発展の礎 […]
  • 東西南北2020年9月29日 東西南北  サンパウロ市保健局の発表によると、8月31日~9月18日のコロナウイルスによる死者増加率が最も高かったのは西部のヴィラ・ソニア区。死者は96人から137人に41人も増え、42・71%の上昇となった。隣接するモルンビも、47人から62人にと31・91%増えて4位、ピニェイロスは […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)2020年9月26日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13) ⑤娯楽を求める心理、団体組織化  1922年にはブラジル独立百周年記念日を祝福して日本帝国海軍の練習艦が初訪問し、サントス港に海国日本の偉容を示した。長い間日本に触れたことなかった移民の中には、隊員たちの腕にしがみついて感涙するものがあったという。  翌1923年に […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボウソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボウソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]