ホーム | 日系社会ニュース | ついの棲家・アチバイア愛した半田さん=文協へ絵を贈る=娘のアリッセさん、遺作の中から

ついの棲家・アチバイア愛した半田さん=文協へ絵を贈る=娘のアリッセさん、遺作の中から

1月29日(土)

 アチバイア日伯文化体育協会(辻修平会長)の本部事務局がある日伯文化センターの正面玄関ロビーに、古い教会を描いた一枚の大きな油絵(=写真)が昨年末から飾られており、訪問者の目をひいている。
 同絵画は、日系コロニア画家たちの最も古い集まりで、多くの有名な画家を育てたサンパウロ美術研究会「聖美会」の創立者の一人、半田知雄氏の作品。同氏は、晩年をアチバイア市で過ごし、老人会の活動を通して文協とも交流があったため、次女の中川奈美子アリッセさんが、現在保管されている残り少ない遺作品の中から同センターへ寄贈した。
 半田氏は八十二歳の時、健康上の理由で、サンパウロ市から中川さんの住むアチバイア市へ移り、一九九六年に九十歳で亡くなるまで同市で過ごした。アトリエを構え、周辺地域の古い建築物や自然の風景を題材に創作活動に励んだほか、地域の文協内の老人会・清流クラブにも積極的に参加し、空気清涼、気候良好な同市をこよなく愛したという。
 中川さんは同文協の会員でもあり、「半田さんが晩年をアチバイアで楽しく過ごされていた記念として、中川さんが寄贈を申し出て下さった」と同文協の吉田治美事務局長は経緯を説明している。
 農村風景や農民の働く姿など、移民の生活を主な題材として創作活動を行なった半田氏。ブラジルにおける日本人画家のパイオニアの一人であると同時に、文筆家としても知られており、八百ページに及ぶ『移民の生活の歴史』(サンパウロ人文研発行)は、ブラジル日本移民史を知るうえでの貴重な資料となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 特別寄稿=菅内閣誕生で川合昭の出番だ=アチバイア 中沢宏一2020年9月18日 特別寄稿=菅内閣誕生で川合昭の出番だ=アチバイア 中沢宏一  安倍首相が引退され、その後継者として菅義偉氏が第99代総理大臣に選ばれました。選挙区は横浜ですが、出身は秋田県南部湯沢市雄勝です。安倍政権を7年8カ月間、官房長官として支えてきました。その実績を評価され岸田、石破両候補に大差をつけての圧倒的な支持を得ての当選です。その […]
  • 《ブラジル》基礎教育開発指数が向上=目標達成は小学課程のみも=懸念されるコロナ禍の影響2020年9月17日 《ブラジル》基礎教育開発指数が向上=目標達成は小学課程のみも=懸念されるコロナ禍の影響  2019年に行われた学力試験の結果、基礎・中等教育の全課程で学力が伸びたが、目標を達成出来たのは小学課程だけだった事が明らかになったと15、16日付現地紙、サイトが報じた。  全国一斉の学力試験は2年に1度行われ、小学校にあたる1~5年生と中学校にあたる6~9年生( […]