ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

6月3日(金)

 ルーラ大統領訪日で注目されるデカセギ子弟の教育問題。中川郷子医師は「子どもの教育費を払うのは、親。バイリンガル教育に関する理解を深める、大人への啓蒙こそが子弟教育問題の本質です。親こそが一生懸命になってくれないと」と語る。日語なのかポ語なのかという問題は、いつまで日本にいるかや教育費への考え方できまる。これこそ、親が決めること。この教育運動に対して、多文化社会先進国を自認するブラジルの、県人会はじめコロニア団体は何ができるだろうか。
     ◎
 中高年の日本人がある非日系人の店で八十五レアルの買い物をし、五十レアル札二枚支払った。おつりを待っていると、「あなたから受け取った二枚のうち、一枚は偽札だ」と突き返された。見ると、偽札だったという。自分が渡したのではない、と頑張ったが、証明できなかった。高額紙幣は、セリエと数字3ケタくらいをメモをしておくと、警察が介入したとき、少しはケンカになる、というのだが…。
     ◎
 今年創立二十周年を迎えるブラジル日本語センター(旧日本語普及センター)。功労者の表彰などが検討されているが、記念式典は今のところ計画されていない。できるだけ前を向いて、後ろを振り返ることは余りしたくないとか。今年スタートする「ふれあい日本の旅」が目玉事業で、ほかの新企画も生まれてきているそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 人材をつぶす日本の教育界2014年8月21日 人材をつぶす日本の教育界  南麻州カンポ・グランデであった沖縄移民百周年記念行事で、数年前に本紙で働いていた元研修記者に出会った。今は日本の高校で歴史を教えている。ウチナーンチュの熱い集いを見ながら、「いやー、すごいですね!」と目じりにしわを寄せて笑う。わざわざ夏休みを利用して訪れ、この歴史的行事に […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2009年12月12日 日伯論談=テーマ「日伯経済交流」=第30回=山中イジドロ=元農務大臣特別補佐官=危機後のアグリビジネスにおける日伯関係 2009年12月12日付け  2009年第1四半期から、日本企業のブラジルに対する関心が高まっている。 […]
  • 中国新聞が写真集書評=西本編集委員が執筆2009年6月16日 中国新聞が写真集書評=西本編集委員が執筆 ニッケイ新聞 2009年6月16日付け  本紙が昨年の百周年を記念して発行した『百年目の肖像~邦字紙が追った2008年』が日本のメディアでも取り上げられている。 […]