ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ市で2回公演=ボサノバの小山さん

サンパウロ市で2回公演=ボサノバの小山さん

6月23日(木)

 日本のボサノバ歌手、小山けいとさんの公演が二十四、二十六の両日、サンパウロ市で開催される。リオ・デ・ジャネイロ出身の作曲家でギター奏者のドルバル・フェレイラが共演。ピアノ、サックス、フルート、ベースの奏者で構成される「クアトロ・ポル・クアトロ」の四人も参加するコンサート。「パト」「コルコバード」といったボサノバの名曲を中心に十一曲を披露する予定だ。
 二十四日はルネッサンス・ホテル(アラメダ・サントス2233)のハバナクラブで午後八時から。二十六日はブラジル住宅博物館(ブリガデイロ・ファリア・リマ通り2705)で午前十一時開演。いずれも入場無料だが、クラブでの飲料代は個人負担になる。
 小山さんは山口県出身の女性で、移民だった曽祖父の影響でブラジル音楽に目覚めた。武蔵野音大卒。ミュージカル出演など多彩な活動を展開する一方、ボサノバ普及にも励む。
 トム・ジョビンやセルジオ・メンデスらと並び称されるボサノバ先駆者フェレイラと、ジョアン・ドナートのアレンジも手掛けるクアトロ。小山さんは日本語でフェレイラ作曲のボサノバを歌う予定もある。
 国際交流基金サンパウロ日本文化センター、ブラジル住宅博物館の共催。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中2020年10月1日 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中  新型コロナウイルスによる外出自粛令が発令されてから早くも7カ月――。「沖縄県人の団体活動もコロナの影響で止まり、自粛生活続きです。このコロナ禍生活は『群星』(むりぶし)第6巻の発刊準備に専念しています」。ブラジル沖縄県人移民研究塾の宮城あきら塾長(82歳、沖縄県)はそ […]
  • 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2020年9月30日 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  日本人ブラジル移住112周年記念に際し、御挨拶を申し上げます。   1908年に最初の移民船笠戸丸がサントス港に到着してから今年で112年となります。多くの先達の方々がこの広大なブラジルの地を訪れ、厳しい環境の中、幾多の困難を乗り越え今日のブラジル日系社会の発展の礎 […]
  • 東西南北2020年9月29日 東西南北  サンパウロ市保健局の発表によると、8月31日~9月18日のコロナウイルスによる死者増加率が最も高かったのは西部のヴィラ・ソニア区。死者は96人から137人に41人も増え、42・71%の上昇となった。隣接するモルンビも、47人から62人にと31・91%増えて4位、ピニェイロスは […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)2020年9月26日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13) ⑤娯楽を求める心理、団体組織化  1922年にはブラジル独立百周年記念日を祝福して日本帝国海軍の練習艦が初訪問し、サントス港に海国日本の偉容を示した。長い間日本に触れたことなかった移民の中には、隊員たちの腕にしがみついて感涙するものがあったという。  翌1923年に […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボウソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボウソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]