ホーム | 連載 | 2006年 | JICAボランティア リレーエッセイ=最前線から | JICA青年ボランティア リレーエッセイ=最前線から=連載(20)=中村茂生=バストス日系文化体育協会=百周年に移民展を

JICA青年ボランティア リレーエッセイ=最前線から=連載(20)=中村茂生=バストス日系文化体育協会=百周年に移民展を

2005年12月01日(木)

 私のように、日本からの一時的滞在者で、コロニア全体の流れといったものへの認識を欠き、かつ移民史に関心をもつ者にとって、移民百周年の柱のひとつは、当然移民史の総括だろうと思ってしまう。
 そんな前提にたって史料館勤めをしていると、きっと二〇〇八年には大々的な企画展がブラジル各地の史料館合同で開催され、日本の史料館や博物館、ひょっとすると全米日系博物館など世界各地の施設でもブラジル移民百周年を祝い、評価する巡回展が開かれるのだろうかという素朴な思い込みが生まれる。
 そうなればきっと、歴史研究者も次々とブラジル日本人移民史に参入し、移民史研究は進み、ブラジルの日系人は自分たちをアイデンティファイするに足る確固たる「歴史」を手に入れるのだろう、と想像が膨らみ、できれば自分もその研究にかかわっていたいものだという気持ちになってくる。
 しかし私が聞いた範囲では、今のところそういった計画はどこにもないらしい。史料館などで企画展を開催する場合には、最低二年は準備に費やすから、今のところないとしたら、なかなか実現は難しいと考えるのが普通だろう。
 日本語のものに限られるが、こちらに来て歴史書や研究論文を漁るようになって、その数の案外な少なさに驚いた。歴史研究というのは、ある程度時間を経た対象でなければ手を出しにくいのは確かだが、それにしても少なすぎるように思われる。
 以前新聞でも報じられた、日本の歴史教科書にブラジル移民の記述がほとんどないという問題なども、研究蓄積が不十分であることと関連があるはずだ。ブラジル日系社会の実証的な「歴史」が書き残され、その存在を日本でも認知されることに意味があるとすれば、地味ではあるが移民史研究をすすめることはひとつの有効な方法ではないだろうか。
 日本を含めた各地の史料館でブラジル移民展が開催されることになれば、まず準備段階で資料収集と研究が進むはずである。その研究成果をもとに、例えば移民百年史をまとめることも考えられるだろう。もちろんその展示を通してブラジル移民史に多くのひとが関心を持つ。よそ者の勝手な思いであるが、そういった企画がない事がいかにも残念であった。
 さあ、ささやかでもバストス史料館だけで何か考えようかと思っていたとき、日本人移民関係の史料館会議が今月十八日に開かれ、各地の史料館関係者と親しく話をする機会があった。
 試しにこの話をしたら、心強いことに同じような企画を腹案としてもった人もあったし、みなさんから趣旨への賛同は得られた。おそらくもう一息、どこかから後押しでもあれば、たとえ規模は小さくても実現するのではないかという気がしてきた。
 あれよあれよという間に私の任期はもうあと一年と少しになってしまった。わずかだろうが、私にできることがあれば是非お手伝いしたいと思っている。
   ◎   ◎
【職種】史料館学芸員
【出身地】高知県高知市
【年齢】40歳

 ◇JICA青年ボランティア リレーエッセイ◇
JICA連載(19)=加藤みえ=ボツカツ日本文化協会=ボツカツから笑顔の風
JICA連載(18)=中江由美=ポルトベーリョ日系クラブ=「時の流れもお国柄」
JICA連載(17)=加藤紘子=クイアバ・バルゼアグランデ日伯文化協会=パンタナールに漂う空間に出会って
JICA連載(16)=宇都宮祐子=Escola Professora Josephina de Mello(マナウス)=料理アマゾナス風
JICA連載(15)=松岡美幸=パラナ州パルマス日伯文化体育協会=「人の温かみを感じる町」
JICA連載(14)=相澤紀子=ブラジル日本語センター=「何を残して何を持ち帰るのか」
JICA連載(13)=東 万梨花=トメアス総合農業協同組合=ブラジル人から学んだ逞しくなる秘訣
JICA連載(12)=森川奈美=マリリア日系文化体育協会=「笑顔の高校生達」
JICA連載(11)=原 規子=西部アマゾン日伯協会=元気な西部アマゾン日伯協会
JICA連載(10)=中江由美=ポルトヴェーリョ日系クラブ=「熱帯の中で暮らし始めて」
JICA連載(9)=中村茂生=バストス日系文化体育協会=「日本」が仲立ちの出会い
JICA連載(8)=加藤紘子=クイアバ・バルゼアグランデ日伯文化協会=日本が学ぶべきこと
JICA連載(7)=森川奈美=マリリア日系文化体育協会=「気づかなかった素晴らしさ」
JICA連載(6)=清水祐子=パラナ老人福祉和順会=私の家族―39人の宝もの
JICA連載(5)=東 万梨花=ブラジル=トメアス総合農業共同組合=アマゾンの田舎
JICA連載(4)=相澤紀子=ブラジル=日本語センター=語り継がれる移民史を
JICA連載(3)=中村茂生=バストス日系文化体育協=よさこい節の聞こえる町で
JICA連載(2)=原規子=西部アマゾン日伯協会=「きっかけに出会えた」
JICA連載(1)=関根 亮=リオ州日伯文化体育連盟=「日本が失ってしまった何か」
image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2008年6月20日 皇太子殿下、コロニア代表とご接見=ブラジリア=嗚咽にむせぶ老移民も=「涙出るほど嬉しかった」 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  【ブラジリア発】皇太子殿下は十八日午後、各界で活躍する日系社会の代表ら六十人と日本国大使公邸でご接見に臨まれた。アマゾンやバイーア、南マット・グロッソから出席した各文協会長らの話に興味深そうに耳を傾けられた。バイーア州から出席した […]
  • 《ブラジル》ラオニ酋長のコロナ感染確認=熱もなく人工呼吸器は不要2020年9月1日 《ブラジル》ラオニ酋長のコロナ感染確認=熱もなく人工呼吸器は不要  先住民の人権保護で国際的に知られるカイアポ族のラオニ・メトゥクチレ酋長(89)が新型コロナに感染した事が公表されたと8月31日付現地サイトが報じた。  ラオニ氏は肺炎や白血球数増加で、マット・グロッソ州クイアバ市から503キロのシノッピ市ドイス・ピニェイロス病院に入 […]
  • 《ブラジル》国立公園の火災2週間超える=観光名所も焼けて、高速道にも煙2019年9月10日 《ブラジル》国立公園の火災2週間超える=観光名所も焼けて、高速道にも煙  マット・グロッソ州シャッパーダ・ドス・ギマランエス国立公園での火災が2週間を超え、週末には、同公園内の観光名所の一つのポルタン・ド・インフェルノ(地獄の門)にも火が及んだ。また、ポルタン・ド・インフェルノの傍を通り、同州州都のクイアバ市と同公園を結ぶ州道251号線は、 […]
  • へき地医療の実情など視察=慶応医学部第42次派遣団2019年8月23日 へき地医療の実情など視察=慶応医学部第42次派遣団  慶応義塾大学医学部国際医学研究会(IMA)の「第42次派遣団」が今年も来伯、3人の学生が6年生の夏休みを利用し、マナウス、クイアバ、ドウラードス、サンパウロ市、ポルト・アレグレなどで7月14日から8月17日まで医療研修を行い、16日に来社して報告した。  学生責任者 […]