ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 昨年、ブラジル日本文化協会の〇六年度予算案が公表されたとき、違和感をおぼえたのは、主として一世会員である。赤字予算案だったからだ。予算案を組んだのは、主として二、三世の役員たちである。できることなら、赤字になどしたくなかった、止むなく、というのが本当のところだろう▼一世たちは、公的団体の予算案は、収入と支出とがぴったり合うよう組まねばならないとハナ(端)から考えている。理屈なしに、といってもよい。赤字予算などとんでもないのだ。こう言う。「入るのを計って、出るのを制するのだ」▼現実は、入るのを計るのは容易でない。現役員たちは「入る」をいろいろ考えたであろう。だが、方策がなかった。「出る」ほうは増える一方で、どうしても削られないから、そのまま予算案化したのである▼なぜ、一世は、収支とんとん予算を、可能ならば、黒字予算に、とこだわるのだろう。それは、自身の家計はともかく、公的団体はそうあるべき、と愚直なまでに信じているからだ。赤字にすれば翌年、翌々年まで悪影響がある、あとを継ぐ役員にも迷惑をかけられない、そう思い込んでいる。下世話にいう、因果な性分だ。ブラジル社会におけるいい意味での「ガランチード」の評価は、全般的に、この性分があったからこそである▼文協経営は、まだしばらくの間、こうした「考え方違い」が生じていくだろう。一世会員たちは、自身の痕跡がなくなるまで、赤字予算は、想定内としてかからねばなるまい。(神)

06/01/20

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2005年12月24日 コラム 樹海 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 総領事館休館2005年12月24日 総領事館休館 2005年12月24日(土)  在サンパウロ日本国総領事館は今月二十九日から一月二日まで年末休暇のため閉館する。期間中の電話番号は通常と同じ。(11)3254・0100 […]