ホーム | コラム | 樹海 | ジュカ以上、メガトン級の爆弾証言が次に

ジュカ以上、メガトン級の爆弾証言が次に

メガトン級の爆弾証言の鍵を握るザバスキ判事(Foto: Nelson Jr./SCO/STF, 23/02/2016)

メガトン級の爆弾証言の鍵を握るザバスキ判事(Foto: Nelson Jr./SCO/STF, 23/02/2016)

 暫定政権の中枢の一人、ロメロ・ジュカー企画大臣(PMDB)が、辞任する羽目に陥った。ラヴァ・ジャット作戦(LJ)の進展に恐れをなしたトランスペトロ社のセルジオ・マッシャード元総裁が3月、ジュカー氏に相談する会話の中で、「この政権を替えないと流血は止まらない」との表現で、大統領罷免しかないと相談している内容だ▼これはフォーリャ・デ・サンパウロ紙23日付がすっぱぬいたもの。3月末にPMDBは与党を離脱しているから、その前後だ。この盗聴録音を聞く限り、「LJを止めるためには大統領を罷免してミッシェル(テーメルのこと)に挿げ替えるしかない。閣僚大改造のどさくさに紛れてLJを止める手を紛れ込ませる」という方法を考えていた。大統領罷免運動ではクーニャ下院議長とPMDBの党首ジュカが両輪となっていた。前者は当然のことだが、後者にも証拠が出てきたとなると、現与党の政治家の多くがそれを暗黙の了解にしている可能性がある▼同会話の中で「クーニャは死人同様。ミッシェルで大同団結するしかない」、次の政権は「アエシオに渡す」とまで明言している。3月の時点でここまで筋書きを作り実行してきたのであれば、これから「LJ阻止」を仕組むところという微妙なタイミングですっぱぬき記事が出てきたことになる▼この録音の出元は、マッシャードが司法取引供述を連邦検察庁に申し出ている一部が漏洩したようだ。ジョルナル・ド・ブラジル23日付によれば、この司法取引が承認されるかどうかは、テオリ・ザヴァスキ最高裁判事に握られている。その供述には、別の密会録音として、レナン・カリェイロ上院議長版、ジョゼ・サルネイ元大統領版の2種類があり、それらを聞き比べた関係者の証言として、同紙は『ジュカーのはたいしたことない内容』というコメントを紹介している。つまり、これからメガトン級の爆弾証言が飛び出す可能性が秘められている。これがどのようなタイミングで破裂するかは、すべて最高裁の判断による。今回の漏洩からは「ジウマ罷免という大きな流れは活かしながら、LJを弱体化させようという動きは封じる」という力が働いている感じがする▼今回の盗聴録音が行われたのは、最高裁が3月6日にジュカ上議への捜査を許可したすぐ後だ。もし、この内容が4月17日の下院での罷免投票の直前とか、上院での罷免審議開始を決める投票前なら、3分の2を上回らず、ジウマ大統領が一時停職しなかったかもしれない。PTがこれを機に大統領罷免の無効化を画策しているのも無理はない▼大統領罷免の両軸の一人、ジュカー氏に「罷免=LJ中断」の意図があることを、果たしてテーメル本人は知らなかったか。その機先を制するようなタイミングでこの記事が出たことは、ある意味、不思議ですらある▼本来、組閣をするとき、LJ作戦にひっかかっている人間は疎外すべきであったが実際にはかなり入っている。それは大統領罷免という〃大同団結〃をした時に、清濁併せのまないと全下議の3分の2に賛成票を入れさせることは不可能だったからだ。罷免の態勢が決まってからそのマイナス部分を、削ぎ落とそうとする動きに見えなくもない▼とはいえ、もう五輪は直前だし、国際的な評価もある。今回のジュカー辞任危機で、株価は0・79%下落、対レアルでドルは1・41%上昇、国のデフォルトの可能性を示すCDS5%も飛び上がって362・5ポイントになった。いまさら後戻りできないところまで来てしまっている。テーメルは、司法には一切手を出さず、粛々と財政立て直し政策を練ることに集中するしかないだろう。そうすれば〃当初の意図〃とは違っても、後の歴史家から本当の「救国政権」と呼ばれるかもしない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》テメル大統領がクーニャ被告に口止め料?=バチスタ供述で政財界は大混乱に=即刻退陣要求デモも発生=ファキン判事がテメル捜査要請を承認2017年5月19日 《ブラジル》テメル大統領がクーニャ被告に口止め料?=バチスタ供述で政財界は大混乱に=即刻退陣要求デモも発生=ファキン判事がテメル捜査要請を承認  食肉大手企業JBS社主であるバチスタ兄弟の報奨付供述(司法取引)の中に、ミシェル・テメル大統領(民主社会党・PSDB)が、ラヴァ・ジャット(LJ)作戦で逮捕中のエドゥアルド・クーニャ被告に口止め料を払うことを容認していた内容が含まれていることが明らかになり、エジソン・ […]
  • ジウマと相打ち果たしたクーニャの今後は?2016年5月7日 ジウマと相打ち果たしたクーニャの今後は?  ブラジルという国の〃地軸〃が大地殻変動を起こして、一気にクリチーバからブラジリアへ移ったような週だった。ジャノー連邦検察庁長官が昨年来、仕込んできた時限爆弾が立て続けに破裂したからだ▼彼の申請により、ルーラ前大統領を起訴、ジウマ大統領を捜査対象にする案件が最高裁に今週だされた […]
  • 「大統領罷免祭り」に浮かれている時ではないはず2016年4月1日 「大統領罷免祭り」に浮かれている時ではないはず  「財政責任法の罪がないのに罷免するのはゴウペ(クーデター)だ!」とジウマ大統領は3月30日、「我が家・我が人生」政策第3弾の発表会見で、再び繰り返した。「もう、これは喜劇だ」と呆れる光景だった▼お金がないのに昨年までばら撒いてきた秘密が、ペダラーダ(公的債務を公立銀行に背負わ […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表する聖州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど関係ない […]
  • レヴィ財務相(Wilson Dias/Agência Brasil)2015年6月10日 上昇するブラジルCDSとレヴィ蔵相のあせり  レビィ蔵相がばら蒔き支出大削減をするのに対し、大統領の足元である与党PTが大反発―という奇妙な構図になっている▼昨年10月のジウマ再選以来、大きく動いている経済指標がある。ブラジルCDSという金融派生商品の保証料率だ。元々は「取引先の倒産に備える保険のようなも […]