ホーム | 連載 | 2006年 | 第50回=パウリスタ・スポーツ賞 | 第50回=パウリスタ・スポーツ賞=輝かしい歴史=連載(4)=「卓球の平崎兄妹」=伯球界に新風吹き込む

第50回=パウリスタ・スポーツ賞=輝かしい歴史=連載(4)=「卓球の平崎兄妹」=伯球界に新風吹き込む

2006年3月18日(土)

 池田美保子さん(旧姓平崎)は第十回(六六年)パウリスタ・スポーツ賞卓球部門受賞者で、第三回(五九年)受賞者の兄、故・平崎義積さんと共に一九五〇年末から六〇年代にかけて「卓球の平崎兄妹」とコロニア・スポーツ界で賛えられた人である。
 兄妹は戦後の日本の卓球を持ち込んで新風を巻き込み、卓球界発展の中興の貢献者として知られる。
 池田さんは渡伯前、全国高校卓球ランキング第三位の兄・義積さんの影響を受け、広島県鈴が峯女学園卓球部で基礎技術を身につけていた。それがブラジルで見事に開花した。
 六三年、コリンチャンス・クラブ所属時代にブラジルで代表選手を目指して帰化している。
 六四年は、まず九月に全伯邦人大会で準優勝、南米大会選考戦でストレート勝ちして、十月に同大会で準優勝を果たした。六五年には第十五回全伯邦人大会で常勝、高達笑子選手の五連覇をストレート勝ちで阻み、個人、女子ダブルス、混合ダブルスと団体(サンパウロ)の四タイトルを征し脚光を浴びた。
 「そして六六年にパウリスタ・スポーツ賞を頂き私の最も充実した時期でした」と、往年の栄光と輝かしい青春時代を振り返る。
 コロニア卓球界の先達、故・道田治男さんは「美保ちゃんは、マナーが立派で性格もいい。強いばかりではない」と池田さんを評した言葉を遺している。
 今は幸福な結婚生活を送り、一男二女を育て上げた。茶道歴三十年、裏千家師範池田宗美として、また、華道歴四十五年、香月流師範池田香保として、茶道及び華道界で活躍している。
 義積さんは五八年度サンパウロ州一級個人戦を征し国内大会では全勝、西独の世界選手権大会出場を果たし、「脱ピンポン」に貢献した。池田さんは兄を偲び「スポーツ賞五十年、心の中の義積さんと一緒に出席します」と結んだ。
 ちなみに、平崎義積さんは元パウリスタ新聞スポーツ記者、美保子さんもパウリスタ新聞出身である。

■第50回パウリスタ・スポーツ賞=輝かしい歴史=連載第1回=半世紀前の受賞者=芥田さん偲ぶ=「純粋なスポーツマンでした」

■第50回パウリスタ・スポーツ賞=輝かしい歴史=連載(2)=名選手から監督へ=コロニア球界に寄与

■第50回パウリスタ・スポーツ賞=輝かしい歴史=連載(3)=庄司光男さん=日系庭球界の元老=亡き夫人とおしどり受賞

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月27日 東西南北  思わぬ形でコロナワクチンのキャンペーン・ソングが生まれ、話題を呼んでいる。ファンキ歌手MCフィオッチの歌う「ブン・ブン・タン・タン」だ。この曲は2017年にヒットした曲だが、サビで繰り返される「ブータンタン」というフレーズが、コロナバックの治験に協力し、国内生産を担当するサン […]
  • 東西南北2021年1月14日 東西南北  12日、サンパウロ市アリアンツ・パルケで行われたリベルタドーレス杯準決勝第2戦でパルメイラスはリーヴェル・プレイト(アルゼンチン)に0ー2で敗れたが、第1戦での3ー0での勝利が効き、決勝に進出した。この日、リーヴェルの猛反撃の前にパルメイラスは終始劣勢。前半のうちに2点を奪わ […]
  • 東西南北2020年12月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新世論調査によると、ボルソナロ政権は8月末の時点と変わらず、37%の支持率となっていることがわかった。その割に全国市長選で惨敗したのが不思議だが、選挙時に行われた州都での調査でも報じられていたように、場所によって支持率はバラバラ(サンパウロ市は20%台前半 […]
  • 東西南北2020年12月12日 東西南北  このところ、ブラジルを含め、全世界的にコロナウイルス用のワクチン接種が関心を呼んでいるが、ロンドン在住のマルシオ・ロベルト・ダ・ソウザさん(39)は、ブラジル人として初めてこのワクチンをうけそうな候補者の一人だ。1年前からロンドンの高齢者用介護施設で働いている関係で、ワクチン […]
  • 東西南北2020年11月20日 東西南北  サンパウロ州では17日から18日にかけて強い雨が降り、各地で被害が報告されている。ブロッタス市では18日夕方、塀が崩れて女性2人が巻き込まれ、1人が死亡した。インダイアトゥーバ市では、17日夜から18日朝にかけての暴風雨で、ガソリンスタンドの屋根が支柱ごと倒れる事故が起きた。 […]