ホーム | 日系社会ニュース | アルファインテル・ブラジル新企画=20周年記念、伯日の枠越え=豪華、4つの海外旅行

アルファインテル・ブラジル新企画=20周年記念、伯日の枠越え=豪華、4つの海外旅行

2007年1月31日付け

 日本とブラジルをつないで二十年の旅行会社「アルファインテル南米交流」のサンパウロ店は今年、二十周年記念の特別企画として、四つの海外パッケージ旅行を企画している。現在、参加者を広く募集中だ。
 第一回目は太平洋上に浮かぶハワイの島々を船で巡る計十五日間の旅。ハワイ本島をはじめ、マウイ島、カウアイ島などを七日間かけて周遊、美しいビーチが広がるワイキキやハワイ島南東部の活火山、キラウエア火山などを観光する。
 その後、州都であるホノルルに三日間滞在してから、飛行機でアメリカ西海岸の都市、サンフランシスコを訪れ、市内観光という豪華内容になっている。期間は五月三十一日から六月十四日。
 また八月には東ヨーロッパを巡る旅、十月から十一月にかけては、南米大陸最南端の台地、パタゴニアをアルゼンチン、チリ両国からまわる旅、十二月にはアラブ首長国連邦の中心都市、ドバイを訪れる旅が予定されている。
 この他にも、来月のカーニバル・シーズンにあわせて、同社ではリオのカーニバルを観賞するツアーを用意。特等席でゆっくりとサンバを見ることができる。期間は二月十九日から二十一日。パックにはリオ市内のポン・デ・アスーカ観光が含まれる。希望者は追加料金でコルコバードの丘やマラカナン競技場を訪れることも可能。料金は二人一部屋千五百ドル、一人部屋千八百二十ドル。すべて日本語ガイドつき。
 昨年、同社のサンパウロ店は創立二十周年を迎えた。同社の中村アデマール取締役は「節目の年を迎えたのを機に、これからは日本とブラジル以外の海外旅行パックも積極的に充実させていきたい」と話している。
 各ツアーの申し込み、問いあわせは同社サンパウロ店(住所Rua Americo de Campos,47A-Liberdade)、(電話11・2187・8989)。来週からホームページもリニューアル予定。www.alfainter.co.br。

image_print

こちらの記事もどうぞ