ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年3月1日付け

 百周年記念誌がようやく動き出した。九十周年では編纂されなかったので、実に二十年ぶり。その間にデカセギブームも始まり、六世の誕生と最後の笠戸丸移民・中川トミさんの死、各地方の動き、それに百周年自体など記録すべきことは多い▼これは全伯団体が手を組んで取り組むべき事業であり、立案者の森幸一USP教授が言うように、この百年間に日本移民がブラジル文明建設に貢献した全てを残す意気込みがあってもいい▼とくに一世が残した日本語資料を収集する機会としては、今回が最後になるだろう。調査員には可能な限り全伯の移住地や集団地に足を運んでもらい、埋没、破棄される前に、なんとか保存してほしいものだ。少なくとも今ある史料は捨てずに残してほしい▼さらに重要なのは、日本移民史料館を核とした文協と地方諸団体との再ネットワーク化だ。これこそは、次の百年に受け継がれる最大の遺産に違いない。すでにサンパウロ市の史料館は各地のそれと連絡会議を設け、着々と写真集への準備を始めている。心強い限りだ▼近いうちに、刊行委員会としてサンパウロ人文研や邦字紙OBや学識経験者などにも参加してもらい、きっちりした体制を整える時期がくるだろう。すでに記念誌作りを進めている地域にも協力してもらい、より充実した体制にする必要がある▼なにをどう次世代に残していくのか──これにまさる設問はない。記念誌作りの過程で、移民史を分かりやすく綴った子供向けのポ語絵本やマンガができてもいい▼来年四月までに日伯で第一巻写真集を発刊する予定という。残された時間は多くない。官民の理解と協力が不可欠だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)2018年5月26日 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)  1908年4月28日、神戸港から笠戸丸に乗船した日本人移民がコーヒーの積出港に着岸して、今年で110年を迎える。そのこともあって、ブラジルではむろん、日本でもこれにちなんだ諸々の行事が予定されている。  ところで、ブラジルに関する地域研究も従来からすれば、格段の進歩 […]
  • 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要2017年6月20日 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着し、日本人移民がブラジルの地を踏んでから109年―。今年も「移民の日」を迎え、ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(佐々木良法エドアルド会長)共催による『開拓先亡者追悼法要』が、18日午後2時から文協大講堂で開催 […]
  • 過去の差別法令を集める=日本人移民関連法令集を刊行=「過ち繰り返さないために」2016年9月24日 過去の差別法令を集める=日本人移民関連法令集を刊行=「過ち繰り返さないために」  「私たちの親や祖父母の時代、いかにブラジル政府は日本移民を差別していたか。それは法律にはっきり表れている。二度と繰り返さないように、それをまとめようと思いました」――サンパウロ市在住の弁護士、白石チエコ・ミルテスさん(52、三世)と、弟でマラニョン連邦大学の白石ジョアキン […]
  • 一斉に読経する僧侶ら2015年6月19日 先亡者に思い馳せ107周年=教会や慰霊碑前で式典=「50年前から毎年ミサに」  笠戸丸の着伯から107年が経過した18日、例年通り「日本移民の日」を記念した各種慰霊式典が開催された。サンパウロ市では午前中、ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で「先駆者慰霊ミサ」、イビラプエラ公園内先没者慰霊碑前で「追悼法要」が執り行われた。午後からは文協の大講堂 […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]