ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年5月31日付け

 よくカラオケで歌われている「海猫が鳴くからニシンが来ると 赤い筒袖のヤン衆がさわぐ」で始まる『石狩挽歌』(作詞=なかにし礼/作曲=浜圭介)の一節には「今じゃ浜辺で オンボロロ・オンボロボロロ~沖を通るは〃笠戸丸〃」という歌詞がある。日本においては移民船というよりは、蟹工船としての方が有名のようだ。それにしても、英国で建造されたロシア船で、日本船としてブラジル移民を運んだ船。日本船だがロシア領に沈んで六十二年も経つ。百年経っても騒がれるのは移民船冥利に尽きるか。ところで、この船の所有権って誰のもの?
     ◎
 「日伯二十一世紀協議会」の提言を受け、両国経済界の有識者により発足した「日伯戦略的経済パートナーシップ賢人会議」の第一回会合が二十八日、サンパウロ市内で開かれた。日伯各四人のメンバーのうち、トヨタ自動車(代理)を除く全メンバーが出席。在聖総領事、外務省の三輪昭中南米局長も同席した。総領事館によれば、一回目ということもあり、今回は準備会合的な内容だったという。七月に東京で予定されている第二回(最終)会合で具体的な内容が話し合われ、両政府首脳に提言する見通し。
     ◎
 今回、県連ふるさと巡りに初参加したリオ市在住者は、一行を乗せたバス二台が午後十時にサンパウロ市を出発して早々、心配そうに首をかしげた。「早くバスの電気消さなくていいの。リオでは長距離観光バスは夜、電気を消さないと狙われて危ないっていうけどサンパウロは違うのかしら…」。ガイドの戸田エリオさんから「ここは大丈夫ですよ」と言われ、しぶしぶ納得した様子だった。意外なところで各地の事情が分かるものだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第14回 ブラジル文化の根っこ2015年1月24日 第14回 ブラジル文化の根っこ  ブラジルの有力紙エスタド・デ・サンパウロ紙が2015年1月4日に創刊140周年を迎え、関連の特集を連日組んでいる。1875年の創刊だが、日本の読売新聞が1874年、朝日新聞が1879年創刊なので、ほぼ同時期にスタートをしていることになる。その特集の中に、エスタド紙の歴史と […]
  • 日本移民105周年に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 菊地 義治2013年6月29日 日本移民105周年に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 菊地 義治 ブラジル日本移民105周年 ニッケイ新聞 2013年6月15日  今を遡ること105年前の1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がここブラジル国のサントス港に上陸して105年の歳月が流れました。そして、今や、ブラジル国に於ける日系社会は150万 […]
  • 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(32)2013年6月27日 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(32)  後 者は、ブラジルに居って、志願あるいは召集により、イタリア戦線へ出征した日系兵士たちである。もっともイタリアは降伏した後で、戦った相手はドイツ軍であった。1944年から45年にかけてのことである。 […]
  • 大耳小耳2009年3月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年3月25日付け […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]