ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年6月5日付け

 遠路リオから「ふるさと巡り」に初参加した太田郁子さん(80、東京都)は〇〇年まで三十年間もリオ書房を経営していた。「市内唯一の本格的な日本語書店だった」という。貸本、貸しビデオもあり、最後の頃にはアニメ目当てに非日系もたくさん来ていたとか。「日本人墓地にお参りさせてもらって良かった。過去帳の子供たちの名前見たら、本当に気の毒だった」と語った。ベレン、カンポ・グレンデとどんどん遠距離参加者が増えてくる「ふるさと巡り」。そうなるとリオはまだ近い方か?
     ◎
 六月に入り、九十九回目の移民の日関連行事が決まってきたようだ。サンパウロでは例年どおり、サンゴンサーロとイビラプエラ、文協講堂でのミサ・法要。パラナやリオでも恒例の行事が予定されている。百周年を来年に控えた移民の日。日頃新聞に掲載される行事以外に、記念行事を計画している町もあるはず。移民の日、またはその前後にミサや法要、記念行事を計画しているところがあれば、本紙編集部(電話11・3208・3977=まつだ、ファックス3208・5521、e-mail:nikkeybr@hotmail.com)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 海軍初の日系中将・和田氏=軍技術センター所長に就任2019年1月12日 海軍初の日系中将・和田氏=軍技術センター所長に就任  ブラジル海軍で初の日系人将官となった和田典明氏(58、二世)が、昨年の11月に海軍中将に昇進し、1月7日にはサンパウロ市にある海軍技術センターで所長就任式典が行われた。日系人が海軍中将になったのは、同氏が初めて。元海軍大将でボルソナロ内閣の鉱山動力大臣を勤めるベント・ […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]
  • 日伯友好病院創立30周年祝う=援協の大黒柱、優良医療機関に=経済誌で全伯2位の高評価2018年9月27日 日伯友好病院創立30周年祝う=援協の大黒柱、優良医療機関に=経済誌で全伯2位の高評価  戦後移民が最盛期を迎えた1959年、移住者受入援護のために創設されたサンパウロ日伯援護協会(旧、日本移民援護協会)は、創立以来、その時々の社会的要請に応えながら、福祉医療部門併せて12事業所を有する日系社会最大の団体に成長してきた。その財政運営を支える大黒柱が日伯友好 […]
  • 大耳小耳2018年9月14日 大耳小耳  サンパウロ州北東海岸部ウバツーバ市のアンシェッタ島のクルーズツアーが今月22日に企画されている。サンパウロ州環境保護区に指定されている同島は、かつて監獄島だったことで知られる。46年から3年間のうちに172人の日本人が収監され、そのうちの160人は、ただ単に臣道連盟幹部だった […]
  • 世代交代するサンパウロ靖国講=若い世代が中心に祭事取り仕切る2018年9月4日 世代交代するサンパウロ靖国講=若い世代が中心に祭事取り仕切る  ブラジル・サンパウロ靖国講(講元=浜口イネス晴海)による慰霊祭が1日午前、サンパウロ市リベルダーデ区の東洋会館で行われ、約60人が粛々と英霊と移民の先達に玉串を奉納した。当日ははるばるプロミッソン靖国講の中場マサ子講元も参加した。  喪中の浜口講元に代わって副講 […]