ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年8月2日付け

 アントニオ・C・マガリャンエス上議ありし日の上院。サルネイ上議と二人は北東部のボスで盟友だが、二人の論争は絶えることがなかった。
ア「黙って、オレの言うことを聞け。オレにお説教は無駄だヨ。オレはバイア州で大勢の支持者から尊敬されているんだ」
サ「オマエさんに性分があるように、オレにもある。だがオレのほうがマシだ。何故ならオレは大統領経験者だし、オマエさんは馬の骨だ」。
     ◎
 ルーラ大統領は三十一日、クイアバー市で「自分にブーイングする輩は現政権でたくさん儲けた金持ち連中だ。もっと貧しい人たちは、連中より貧しいともっと怒っているはず。民主主義を言うなら、自分より多くの人を路上に動員する人間は他にいない」と逆襲。
     ◎
 サンパウロ市西部モルンビー区マルジナル・ピニェイロス大通りで三十日夜、電撃誘拐犯二人と軍警が銃撃戦を展開、犯人の一人が死亡、もう一人は逃走した。被害者の男性(28)は無事。男性がブルックリン区の路上に乗用車を停めて恋人を待っていたところ、二人が銃で脅して男性を後部座席に移し、連れ去った。目撃者が警察に通報、軍警がパトカーで捜索後に発見し、銃撃戦となった。
     ◎
 先週サンパウロ市に到来した大寒波。驚いた市民は暖房器具を買いに販売店に走ったが、売り切れが続出。店によっては入荷が十日後になるところも。「例年売れ残りをメーカーに返品していた」と販売店。寒波が数日以内に去るとみた店側は、売れ残りを避けるため注文販売のみ受け付けている。石油ヒーターは平均価格二五〇レアル、電気ヒーターは同一〇〇レアル、石油ヒーターの方がショートの危険が少なく、安全だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ