ホーム | 連載 | 2007年 | 各国日系社会の現状と将来~海外・汎米合同大会を振り返る | 各国日系社会の現状と将来~海外・汎米合同大会を振り返る~=連載《2》=分科会=「日本語と日本文化」=継承日語教育の意義は

各国日系社会の現状と将来~海外・汎米合同大会を振り返る~=連載《2》=分科会=「日本語と日本文化」=継承日語教育の意義は

2007年8月4日付け

 分科会「日本語と日本文化」(栗原章子コーディネイター)は七月十九日、午前九時半頃から国際交流基金一階、多目的ホールで開催された。
 同分科会は、会場が合同大会本部のあるブルーツリーホテルから離れていたことも影響し、参加者は当初予定の半分程度の約二十人。
 ブラジル日本語センターの谷広海理事長、サンパウロ大学文学部日本語学科の松原礼子助教授などブラジル側関係者のほか、パラグアイ日本協会のオルテガ・エルメリンダ会長、アルゼンチン日本文化財団の加賀美オラシオ理事など四カ国から、日本語教育に携わる関係者らが参加した。
 分科会はブラジル日本語センターの土方陽美さんによる講演「継承日本語」で開会。午前中は日伯文化連盟(アリアンサ)の仲絵真洋子さんが「日伯文化連盟の生徒のアンケート調査に見られる日本語の学習目的と動機」について講演したほか、「日本語教育に対する問題点」をテーマに討論会が行なわれた。
 午後からは、金ヶ江真理講師による「面並びに手先の滑らかな動作を促進するための折り紙の勧め」、若松如空講師による「日本語学習の動機付けとしての書道の普及活動」といった講演も行われ、その後参加者が、松柏・大志万学院を視察した。
 「継承日本語」では、日本語教師の実態として、継承日本語教育と普及日本語教育の違いや教師の育成方法などについて講演。
 仲絵講師の講演では、アリアンサ三校で行なわれたアンケートを元に、どのようなことを生徒が考え、要求しているのかを見た後、将来に向けた改善点などが話し合われた。
 「日本語教育に対する問題点の討論会」では谷理事長が、海外における日本語教師の日本への研修費を日本政府が打ち切ることについて報告、これからの対策について意見を求めた。
 「折り紙」についての講演では、金ヶ江講師から、折り紙の歴史と影響について紹介。同講師は、折り紙を用いることで算数や基礎的なことの理解が容易になることがあると見解を述べた。
 書道普及について若松講師は、ブラジル国内で年々書道人気が高まり、日本の展覧会にも出展されるようになっている現状を紹介。日本語の分らない非日系人にも人気があることから、横文字の書道を始めていること、日本の展示会でも少しずつ受けいれられているようになっていると話した。
 松柏・大志万学院の視察では、同校の歴史を簡単に説明した後、施設を見学。分科会の参加者からは「どこの国でも日本語教育に関する問題点は同じ」、「隣国同士協力していきたい」といった感想が聞かれた。



各国社会の現状と将来~海外・汎米合同大会を振り返る~=連載《1》=インドネシア=残留日本兵の「存在と心」伝え=サントソ・衛藤さん=日語教育大事に

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会2016年7月16日 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会  ブラジル日本語センター(立花アルマンド敏春理事長)が主催する第59回全伯日本語教師研修会が15日午前、開校式を行った。アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ペルーなど近隣4カ国からの参加者を入れ、約90人が集まった。15~17日の3日間「生徒倍増計画 ~ちょっと現場改善」をテー […]
  • 参加者の皆さん(開講式後の記念撮影)2015年7月18日 近隣4カ国含め計60人参加=第58回全伯日本語教師研修会  今年創立30周年を迎えたブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が主催する第58回全伯日本語教師研修会が17日に開講式を行った。今回はアルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルーなど近隣4カ国からの参加者も得て約60人が19日まで3日間「日本語教師も運営感覚を磨こう!」をテ […]
  • ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換2006年7月22日 ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換 ニッケイ新聞 2006年7月22日付け  第二十一回汎米日本語教師合同研修会が十八日から二十六日までの九日間、ブラジル日本語センター(谷広海理事長)で行われている。カナダ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、パラグアイ、ペルー、ベネズエラ、ボリビアの七カ国から十四人、ブラジル国 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞2016年10月20日 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞  独立行政法人国際交流基金が毎年贈呈する基金賞をブラジル日本語センターが受賞した。1973年から続く同賞は国際交流基金の設立翌年に始まり、今回で44回目。文化活動を通じ国際相互理解、国際友好親善の促進への貢献やこれからの活動が期待される個人、団体に授賞される。  同センタ […]