ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年8月28日付け

 パラナ住宅公団のグレッカ総裁は、ルーラ大統領を翌日迎える団地造成式の下見に行った。総裁はヌカルミに足首まではまり、側近らに助けられたが靴を片方落した。
グ「オー、わが女房に感謝する。オレの靴下に穴が開いてなくて恥をさらさずに済んだ。オレはプラナウト宮で見たんだ。FHC大統領が靴を片方落し、靴下に穴が開いていたんだヨ。ザマー見やがれ。ルっちゃんよりはうちの女房がマシだ」
     ◎
 パラナ州クリチーバ市にあるフィットネスクラブの前で二十一日夜に女子大生(18)を乗用車で連れ去り、殺害した犯人ら四人が二十五日に逮捕された。犯人のうち二人(18、15)が被害者を乗用車の中で暴行、ビニール袋で頭部を覆った後、口の中を一発撃って殺害し、遺体を車ごと放火した。遺体は二十三日に発見された。二人は少年のため、最高でも三年間の更生指導後、釈放となる。
     ◎
 市警は、サンパウロ市ブラス区の教会で二十六日朝に行われた宗教儀式の最中に少女一人が殺害された疑いで、牧師二人を取り調べている。娘と儀式に参加した信者の女性が、娘が絞殺された後で抜き取られた血を飲んだとラジオ番組で告白、視聴者の一人が警察に通報した。牧師らは、女性が悪霊に憑かれていたのでお祓いをしたと供述したが、殺人が行われた証拠はまだみつかっていない。
     ◎
 ダッタフォーリャが五月から六月にかけて医師一〇〇〇人に聞き取り調査を行った結果、サンパウロ市内三四三病院の中で最も優れた病院はアルベルト・アインシュタインであると判明した。以下シリオ・リバネース、オズワルド・クルース、クリニカ、サンルイースの順。

image_print

こちらの記事もどうぞ