ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年12月23日付け

 麻薬密売組織のコマンド・ヴェルメーリョ掃討作戦で、平静さを取り戻したリオ市北部アレモン地区のファヴェーラにサンタが来た―。十数個のファヴェーラが集まる同地区では、サンタを迎えるフェスタを開催。同地区初のイベント会場を訪れたサンタが届けた約1万点のプレゼントは、市内にある銀行支店200店舗に寄せられたものだという。思いがけないクリスマスに大歓声をあげた子供達は、サンタと一緒に写真に納まったりして一時を楽しんだ。
     ◎
 バイア州サルバドール市にある電話会社Oiで21日に起きた火災は、バイア、アラゴアス、セルジッピ、ペルナンブッコ、ピアウイ、マラニョンの6州で、消防などへの緊急通話回線も含む電話業務に深刻な影響を及ぼした。22日になっても消防士らが現場に止まり、再度火の手が上がる事がないよう警戒していたという火災は、電気回線の短絡(ショート)が原因と見られており、22日現在も一刻も早い回復に向けて努力中だ。
     ◎
 サンパウロ市東部で18日、コロンビア革命軍(Farc)に所属していた元ゲリラと4人の男性が捕まった。トラックの荷台を改造して240キロのコカインを隠していたという元ゲリラら逮捕の知らせに慄いているのは、Farcから逃げ出してカナダ亡命を望んでいたサンパウロ市在住の夫妻と21日付エスタード紙…。

image_print

こちらの記事もどうぞ