ホーム | 連載 | 2007年 | プレ百周年特別企画=ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=外山 脩(フリー・ジャーナリスト) | ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第3回》=3種類の下元論=アンチ派、敬遠派、敬愛派

ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第3回》=3種類の下元論=アンチ派、敬遠派、敬愛派

プレ百周年特別企画

2007年9月28日付け

ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組
新社会の建設=創立者の光と影=下元健吉没後50周年
連載《第3回》=3種類の下元論=アンチ派、敬遠派、敬愛派
外山 脩(フリー・ジャーナリスト)

 下元は、背丈は百五十七センチで、当時としても低い方であった。が、ガッシリした体格であった。少し前かがみになってガニ股で歩いた。格好は悪かった。
 顔は……この人には、三つの顔があった。一つは仕事の場での顔で「そばに寄ると、噛みつかれそうな感じだった」という。
 言葉使いは荒削りで、怒りやすく、頭ごなしにモノを言い、雷親父の異名もあった。時に暴言を吐いた。その暴言が暴行に変化することもあった。
 二つ目は仕事を離れた私的な場での顔で、穏やかそのもので、いつもニコニコしていた。
 世間は、それを知らず、仕事の場で怒鳴り散らす様子から、家庭でもそうだろうと想像して「子供たちは、さぞ萎縮して暮らしているのだろう」と同情していた。が、その長男によると「死ぬまで、怒った顔は一度も見たことがない」という。
 下元は、組合の若手職員や組合員の子弟、その他多くの若者と親しく交ったが、職場以外では慈父の様に接し、「親父、おやじ」と慕われた。
 三つ目は、酒を呑んだ時の顔である。高知県人にしては酒に弱く、一寸呑むと青くなってニタニタ笑った。皆、青くなるのまでは判ったが、何故笑うのかは見当がつかず、気味悪がったという。
 この下元健吉に会った大宅壮一が「下元さんは、体内で発生しているエネルギーが常人とは比較にならぬほどボルテージが高い」という意味のことを言ったそうである。(大宅壮一=評論家。一九五四年、来伯)
 確かに下元が事業に向けて発散させるエネルギーは凄まじかった。しかも一旦こうと思ったら何がなんでも押し通した。
 それが、前記した大事業を成し遂げさせたのであろう。が、世の下元論は必ずしも一定しない。
 組合員や職員の中には彼を痛烈に批判する人々がいた。アンチ下元派である。
 コロニア(戦前は「邦人社会」と表現)の指導者間では、下元は強烈すぎる個性が嫌われ、敬遠された。
 一方、組合内外の、主に若者の間には、下元敬愛派が多数、存在した。
 アンチ下元派、敬遠派、敬愛派と、これも三種類あったことになる。
 無論、世に完璧な人間など存在せず、誰でも表面と裏面、長所と短所があり、成功と失敗を繰り返して生きている。他人の見方が三種類あっても、おかしくない。
 むしろ、それを語ることが、下元を正確に描く近道となろう。
(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》次期検察庁長官候補のアラス氏に司法保守派が接近=早くも要望つきつける=連邦検察官はなおも反発2019年9月11日 《ブラジル》次期検察庁長官候補のアラス氏に司法保守派が接近=早くも要望つきつける=連邦検察官はなおも反発  ボルソナロ大統領が次期連邦検察庁長官に指名したアウグスト・アラス氏が、福音派の法律家たちが提出した要請を尊重する意向を表明したが、連邦検察官らはアラス氏指名に強く抗議する行動に出ていると、10日付現地紙が報じている。  エスタード紙によると、アラス氏は全国福音派法律 […]
  • 今月初旬に来聖した生田会長(左)と堤顧問2014年3月20日 アマゾン=85周年記念事業着々と=9月に式典、日本週間も=日伯協会初の記念誌刊行 ニッケイ新聞 2014年3月20日 今年、アマゾン日本人入植85周年を迎えることから、汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)が記念事業の準備に着手している。主要イベントは、9月16日のパラー州「日本移民の日」前後を予定している記念式典および、創立55周年にして、同協会史を軸と […]
  • 東西南北2017年7月19日 東西南北  ロドリゴ・ジャノー検察庁長官は、本面でも報じている講演会で、JBSのジョエズレイ・バチスタ氏に関する話も行った。それによると、ジョエズレイ氏がデラソンの依頼を持ちかけてきた際は「企業救済目当てのものだと思い、信用していなかった」ものの、他の企業関係者と違い、録音の証拠があった […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年11月10日 ◇コラム オーリャ! コラム   キョロキョロしていると「ペルミッソ!」(ごめんよ)と叫んで、一輪車に商品を山ほど積んだ青年が後ろから迫る。  ここは迷宮だ。パ国アスンシオン市民の台所を支えるメルカード4(第四公設市場)で、そう実感した。 […]
  • 20歳にして、夜の商売のオーナーに2014年10月24日 20歳にして、夜の商売のオーナーに  ある火曜日の夜11時、サンパウロ市西部のバーでチケットを見せ、扉をくぐると廊下はまるでジャングルのような飾りつけ。そう、それが今日のパーティのテーマなのだ。 だが、店内はジャングルの密林とは程遠く、約2千人の着飾った若者が「オープンバー」の開始を待っている。同店では深夜ま […]