ホーム | 日系社会ニュース | 麻生元外相の従兄弟がブラジルに?!――との噂を追って=奥ソロでひっそりと暮らす=華麗なる家系、謎の麻生さん=地元でも知る人少なく

麻生元外相の従兄弟がブラジルに?!――との噂を追って=奥ソロでひっそりと暮らす=華麗なる家系、謎の麻生さん=地元でも知る人少なく

ニッケイ新聞 2007年10月5日付け

 麻生太郎元外務大臣の従兄弟が、プレジデンテ・ベルナルデスにいるらしい――。九月十二日に安倍晋三前首相が辞任を発表してから、同二十三日に福田康夫自民党新総裁が決まるまでの十一日間、一躍時の人になった麻生氏。八月に外務大臣としては九年ぶりに来伯し、現在も日伯議員連盟会長として、ブラジルとの関係は深い。若いときに一年間サンパウロに駐在していたことも明かされており、個人的にもブラジルとは縁がある。祖父は吉田茂元首相、妹は寛仁親王に嫁いだという華やかな家系を持つ麻生氏だけに、従兄弟がいるとの報に編集部は沸き立ち、その噂を追い、ようやく人物を探しあてたが…。
 小泉純一郎元首相もサンパウロ市在住の従兄弟、井料堅冶さんがいたおかげで、日系社会に対するより一層の親密感を持っていたといわれる。麻生太郎氏が首相になった場合、その従兄弟がブラジルで活躍しているという事実は、日系社会に対する関心も高くなるのではないか―。そんな思いで関係者、知人、友人を手当たり次第にあたった。
 プレジデンテ・ベルナルデスは、奥ソロカバナに位置し、サンパウロから西へ約六百四十キロ、プレデンテ・プルデンテから車で三十分強のところだ。現在でも約百二十家族の日系人が在住し、文協の活動が続いている(九月二十七日既報)。
 「あ~、麻生さん? 麻生さんはベルナルデスにいますけど…」。同地文協の石田健一前会長(71、二世)に電話で確かめると、麻生氏の従兄弟と思われる人物、麻生忠氏は思いのほかすぐに見つかった。「田舎で大きな土地でもって牛飼いをしてますよ」。六十七歳の麻生太郎氏よりかなり年下で五十歳代とか。
 事実を確認しようと、電話番号を探してかけてみると、男の人が応えた。単刀直入に、麻生太郎氏との関係を尋ねると、かなりの沈黙の後に、「そうだ、従兄弟にあたる。誰から聞いた?」。
 ぜひ話を聞かせてほしい―。記者の取材申し込みに対し、忠氏は「来てもらっても話すことはない」と断言。「別に(麻生さんの総裁選出馬を)喜んでるわけでもないしね。年も違うし、生活も違う。従兄弟といっても遠い間柄だし、今、私は静かに暮らしている」。
 今年の八月、麻生太郎氏が来伯した際にも、面会しませんかという話が総領事館からあったが、「私がわざわざ出ていくことでもありませんから」。移住前には「年に一回か三年に一回くらい(麻生太郎氏と)会っていただけだ」と話した。
 確かに、麻生氏の従兄弟がいる―。忠氏は数日後から電話連絡が取れなくなり、かわりに二世の妻が「来てもいないと言っています。何かあるなら、伝言を残してほしい」と応じるようになった。
 駄目元で記者はプレジデンテ・ベルナルデスへ急行した。夜行バスで八時間。降り立った同地のターミナルで石田さんが迎えてくれ、文協へ案内される。
 実際、忠氏は自宅の農場を出てどこかへ行ってしまい、取材はかなわずに終わった。
 「しかし、従兄弟だったとはビックリですな~」と石田さん。「一年前に会員になりたいって向こうから電話があったんですが、行事に来たことは一度もない」上に、文協会費の回収のために忠氏の農場を訪れるが「笑った顔は見たことがない」。現会長のニシジマ・ミツユキさん、他の会員らも首をかしげて、「知らない」「会ったことがない」という。
 唯一、同氏が街に訪れたときには必ず立ち寄っていくという、友人の牧野正雄さん(85、一世)だけが「そういう男なんです」と豪快に笑っていた。
 「話す人とは話す。そうでないと出てこない。僕からも記者さんに会うように言ったんですがね。どこへ行ったかは奥さんも知りません。二、三日は帰ってこないでしょうな~」。
 牧野さんによれば、忠氏は二十代で渡伯。麻生太郎氏の父、太賀吉氏の兄弟を父親に持つ。その父が駐伯した時に共に来伯したらしい。一時、日本語教師をしていたが、プ・ベルナルデスに五十ヘクタールの土地を得て以降、ずっと同地に住んでいる。
 牧野さんは「三十年近い付き合いですがね。賢い男なんですよ」と忠氏の人柄を紹介した。
 忠氏は、現在も大きく牧場を営んでいるというが、「自分のことを話さない」ため、どれくらいの規模や内容で行っているのかは、牧野さんはじめ誰にもわからない。家ではよく日本の雑誌を読んだり、NHKを見たりしているそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]